4月から6月頃が旬♪◆若狭のモズク◆細く柔らかい食感が特徴デス!

もずく

 

 

福井県は若狭の

『モズク』の時期は

4月頃~6月頃と

言われております。

 

 

若狭のモズクは

細く

そして

柔らかい

食感が

特徴でございます。

 

 

海の香りも高く

絹モズクとも

呼ばれております。

(゚Д゚)ノ

 

 

若狭もずく

 

 

一般的にモズクは

( 水雲、海蘊 、藻付、海雲 )

褐藻綱ナガマツモ目

モズク科の海藻になります。

 

 

別名は

イトモズクです。

 

 

特徴として

長さは数十cmも

ありますが

幅は1数mm程

しかなく

各所で

枝分かれします。

 

 

主に熱帯から

温帯の浅い海に

分布しており

日本沿岸では

冬から春にかけて

光が届く潮下帯の

岩礁に生えますが

夏には

他の海藻類と同様に

枯れてしまうそうです。

 

 

天然もずく

 

 

ホンダワラなど

他の褐藻類に

付着することから

「藻付く」という

名がついたと

言われております。

 

 

日本では

食用に

漁獲されます。

 

 

食材としては

食酢で和えた

「もずく酢」が

食べ方として

主流ですよ。

 

 

もずく酢

 

 

 

PS~

 

モズクに含まれる成分の

アルギン酸は

高血圧の原因となる

ナトリウムの排泄を促し

高血圧予防になります。

 

 

そして

フコイダンには

胃病予防

抗がん作用が

ございますよ!

 

 

若狭もずく2

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る