若狭湾で獲れるアカアマダイ◆通称:若狭ぐじ◆京料理の高級食材として珍重されておりマス!

アマダイ・3(8月)

 

 

京料理の高級食材♪

◎通称:若狭ぐじ◎

珍重される名物デス!

 

 

 

 

 

若狭湾で獲れる

アカアマダイは

「若狭ぐじ」 と呼ばれ

和の最高級食材です。

 

 

昔から若狭ぐじは

ひと塩し鯖や

若狭がれいと共に

京の都に

鯖街道を通って運ばれ

「若狭もの」として

京料理では

欠かす事が出来ない

食材とされてきました。

 

 

暖流と寒流の交わる

若狭湾で

その身がもまれ

良質の餌を食べて育つ為

脂が乗った

大きな身となりますよ。

 

 

若狭ぐじ

 

 

 

淡泊で

香りの良い味は

「高級感」を

感じさせます♪

 

 

甘鯛の日本における

地方名は・・・

~~~~~~~~~~

静岡ではオキツダイ

京都・舞鶴ではグジ

大阪・福岡ではクズナ

山陰ではコビリ・コビル

愛媛ではスナゴ

~~~~~~~~~~

・・・という名称で

呼ばれております。

 

 

いずれも

全長は20~60cm程で

体は前後に細長く

側扁しております。

 

 

頭部は

額と顎が角張った方形で

目は

額の近くにあります。

 

 

アマダイ

 

 

 

体表は

鈍い光沢のある

鱗に覆われ

体色は

ピンク色・赤褐色

腹側は

白色になります。

 

 

甘鯛は浅い海から

水深300m位までの

砂泥底に

巣穴を掘って

生息しております。

 

 

主に

小魚・甲殻類・小動物を

捕食すると

言われております。

 

 

日本では

底引き網、延縄、釣り等で

漁獲されておりますよ。

 

 

 

 

 

甘鯛は

刺身にはあまり利用せず

水分を飛ばして

風味をつけ

焼魚や干物等の料理法が

一般的です。

 

 

また鱗も食べる事が

可能で

鱗を落とさずに焼く

鱗焼きという

調理法もございます。

 

 

この焼き方を

「若狭焼き」と呼び

若狭地方独特の

料理法になります。

 

 

若狭焼き

 

 

 

PS~

 

 

甘鯛 (ぐじ) は

白身で

肉が柔らかく

身くずれして

扱いにくい

食材ですが

かなり美味です。

 

 

一般的に旬は

7月~10月と

言われております。

 

 

若狭の甘鯛は

脂肪分が

2.4%と低い事から

唐揚げとしてや

若狭焼きの

焼物に

向いておりますよ。

 

 

ぐじ

 

 

 

おっと!

 

三國清三シェフが

 

福井県が誇る

 

お魚の女王

 

若狭の甘鯛を

 

フランス料理風に

 

アレンジ♪

 

 

 

★動画で観る福井

若狭ぐじ

動画(2:54)

 

 

 

最後まで見て頂き

ありがとうございました。

<m(__)m>

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る