こだわりの蔵ならではの『旨さ』を追求!北陸随一の男酒★早瀬浦★

アイキャッチ3

 

 

福井県は若狭の隠れ銘酒

「早瀬浦」

「わかさ冨士」

「福寿杯」

などを取り扱う日本酒屋が

美浜町・早瀬地区に在ります。

 

 

三宅彦衛門酒造

 

 

今回は・・・

~~~~~~~~~~~~~~

厳しい顔を持つ

北陸・日本海若狭湾と

三方五湖の彩り溢れる水に

恵まれたご当地の

地酒・日本酒

~~~~~~~~~~~~~~

・・・をご紹介させて頂きます。

 

 

早瀬浦に代表される

「若狭の地酒」が持つ

旨し喜びや時の流れを

一人でも多くの方に

知って頂けたら幸いです。

 

 

早瀬浦2

 

 

「男酒」

と呼ばれる程の

その呑み口は

現存する多くの地酒や

日本酒の中にあっても既に

『幻の銘酒』

の粋を脱し

現在では

メジャーになりました。

 

年間醸造本数

取引販売店が

限定されるだけに

人気も高く

また

その人気を

裏切らないコトでも

お勧めできる

福井県は

地元・若狭美浜町の

銘酒でございます。

 

厳然とした温度管理による

国内でも最高レベルの水準を

誇っております。

 

 

 

蔵のこだわりとして

飲みごたえがありながらも

飲み疲れしない芳醇旨口を

目指しております。

 

創業、享保3年(1718年)

飲みあきしないお酒が信条。

 

現蔵元は十一代目。

 

生産量は

わずか300石

となる様ですので

福井県でも

最小の部類に入る

蔵になります。

 

 

 

蔵元後継者

三宅範彦さんは

酒造家の子弟が集う

東京農大を

卒業されておりますが

且つて

仲間達が

自分の蔵の

吟醸酒を

持ち寄る中

三宅さんの蔵では

当時

普通酒しかなく

寂しい思いを

されたそうです。

 

そんな蔵も

三宅範彦さんの

この蔵でなければ

できない酒を

追求し

たゆまぬ

創意工夫と努力を

することによって

年ごとに輝きを増し

今や全国の酒販店に

注目されるまでに

成長しました。

 

 

 

この蔵で造られる酒は

どれをとっても

重厚な果実香と

吟味が絶妙で

キリッとした後口の

北陸一の

男酒でございます。

 

 

男酒

 

 

[早瀬浦・三宅彦右衛門酒造]

 

◆所在地

福井県美浜町早瀬21-7

 

◆お問合わせ

0770-32-0303

 

◆交通アクセス

北陸自動車道・敦賀ICより

車で30分

北陸本線・JR美浜駅より

車で10分

 

 

三宅彦衛門酒造は

当館「海のホテルひろせ」より

お車で

約5分の場所でございます。

 

 

三宅酒造

 

 

 

PS~

 

「日本料理」にはこれ!

と、海外では

ブームの日本酒。

 

「若狭の海の幸」には

名水と杜氏の技が醸した

地酒がベスト!

 

今年の味も非常に楽しみです。

 

 

 

◎杜氏(とうじ)とは?◎

 

経験を基に

酒を醸造する職人集団の

(地域独自の流派がある)

になります。

 

 

 

「海のホテルひろせ」が

お客様に提供しているお酒は

三宅酒造さんから

直接仕入れている

「早瀬浦」がメインになります。

 

 

早瀬浦

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る