北陸は福井県・若狭美浜町、新春神事◆浜祭り・堂の講◆早瀬・日吉神社

アイキャッチ

 

 

13日(金)AM830から

◎浜祭り・堂の講◎

若狭美浜町早瀬・日吉神社

 

 

浜松り1

 

 

「浜祭り」は

 

魔よけや大漁の願い込め

 

3本の矢を放つ

 

美浜・早瀬で行われる

 

伝統行事でございます。

 

 

浜松り2

 

 

「新年」を迎えて

今年1年の無病息災や

豊漁、家内安全を

祈願します。

 

 

地元の住民が昔と変わらぬ

「伝統の作法」に乗っとり

神事を営みます。

 

 

代祝子(ほうり)が

黒の狩衣(かりぎぬ)

烏帽子(えぼし)姿で

参拝し

清めの砂の上を歩きます。

 

 

浜松り5

 

 

200m離れた浜へ行き

 

2m程の弓を絞り

 

海に向かって

 

「悪魔矢」→悪霊退散

 

集落めがけて

 

「祝い矢」→豊漁・繁栄

 

2本矢を放ちます。

 

 

浜松り6

 

 

浜祭り・堂の講

 

◆開催場所

福井県三方郡美浜町早瀬1713

(日吉神社周辺)

 

◆開催期間

13日(金)

AM830

 

 

浜松り4

 

 

◆お問合せ

美浜町観光協会

0770320222

 

◆交通アクセス

JR小浜線・美浜駅から

日向行バスで、約30

北陸自動車道・敦賀ICから

車で、約30

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約5分の場所でございます。

 

 

マップ

 

 

 

PS

 

今回、ご紹介させて頂いた

「浜祭り」その起源は

江戸時代末期まで遡ります。

 

美浜町「早瀬地区」では

150年以上も

続いている、との事です。

 

 

早瀬の町並

 

 

代祝子(ほうり)を務める者は

11月から練習を重ね

神事に備えて、大晦日から

日吉神社に籠って身を清め

この「儀式」に挑みます。

 

 

当日は、狩衣(かりぎぬ)姿で

破魔矢を陸に放った後

沖の堂と呼ばれる建物内で

伝統行事「堂の講」も行います。

 

 

 こちらの、堂の講は

思いつく限り

魚の名称を挙げながら

堂内を飛び回る、という

「漁村」ならではの

営みとなりますよ。

 

 

漁村

 

 

明けまして

おめでとうございます。

 

 

新年のご挨拶をさせて頂きます。

 

 

「海のホテルひろせ」は

沢山の人に支えられて

昨年も、年を越せました。

 

 

スタッフ一同、これからも

頑張っていく所存でございます。

 

 

本年も、どうぞ

宜しくお願い致します。

 

 

今日から、2014年です!

 

 

これからの

皆様のご健康とご多幸を

お祈り申し上げます。

<m(__)m>

 

 

海のホテルひろせ

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る