北陸福井県は若狭美浜町の名物♪◆へしこ館◆まさに「へしこ三昧」の館デス!

アイキャッチ

 

 

福井県は若狭美浜町

佐柿地区

国道27号線の道路に

ひときわ目立つ大きな

「へしこ館」の

看板がございます。

 

 

 

へしこ館

 

 

こちらの「へしこ館」では

鯖のへしこの他に

鰯(いわし)

秋刀魚(さんま)

河豚(ふぐ)

烏賊(いか)

等のへしこがずらりと

並んでおります。

 

 

大きなガラス越しには

へしこ作りの風景も

見るコトが可能ですよ。

 

 

へしこ館2

 

 

[美浜町名物♪へしこ三昧の館]

 

 

へしこ館では

店内の食事場所で

「へしこ定食」が

食べられます。

 

 

たっぷりの

お茶は

お茶漬け用。

 

 

普通に

ご飯とへしこで食べて

更に

お茶漬けとして

2度

楽しめます。

 

 

DVC00164

 

 

へしこ館は

『美浜町の名物』である

「へしこ」を中心に

干物や燻製等

魚介類の加工場として

新しい商品作りを

手がけております。

 

 

また

若狭の特産品

福井の名産等

豊富な食材から作られる

お土産品を

販売しております。

 

 

 

★へしこちゃんグッズ動画

 

 

 

[へしこについて]

 

 

若狭美浜町の特産品

「へしこ」とは

魚のぬか漬けになります。

 

 

新鮮な鯖を塩漬けにし

いったん取り出してから

ぬかに漬け本漬けにして

一年から二年の

長期にわたって漬け込み

自然熟成したモノです。

 

 

魚類の糠漬けの

起源は古く

文献に依れば

鎌倉時代より

行われていた様です。

 

 

魚の糠漬けには

色々な

魚が使われます。

 

 

若狭の家庭では

今でも

鯖、鰯、烏賊

はたはた、ふぐ等を

使って作っておりますよ。

 

 

へしこ

 

 

名前の由来については

~~~~~~~~~~~~~

漁師が

魚を樽に漬け込む事を

「へし込む」 と言った事から

「へし込まれた物」 が略されて

「へしこ」 となった

という説

~~~~~~~~~~~~~

魚を塩漬 けにする際に

滲み出てくる水分の事を

「干潮(ひしお)」 と

呼んだコトから

これが訛ったものである

とする説

~~~~~~~~~~~~~

アイヌ語(縄文弥生語)で

「へしこ(pe- si-kor)」

滲み出てくる水分が

それ(味、保存性)を産むに

由来する説

~~~~~~~~~~~~~

等々がございます。

(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

 

へしこ館の

お食事処郷土食材工房では

うどんやそば等

お手軽なお食事メニューも

揃えております。

 

 

また

「へしこ」を食べて頂く為

「へしこ定食」と

TVでも紹介された

ご当地グルメ

「うそば」も

用意してありますよ。

 

 

へしこ館3

 

 

[へしこ館]

 

◆所在地

福井県三方美浜町

佐柿59-18

◆営業時間

AM10時~PM18時

 

◆お問合わせ

0770-32-6789

 

◆交通アクセス

北陸本線JR美浜駅より

お車で、約5分

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約10分の場所です。

 

 

マップ

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る