福井県は若狭・敦賀の秋祭り◆みやあげ◆刀根区公会堂・気比神社にて

アイキャッチ

 

 

若狭・敦賀市の秋祭り

みやあげ(霜月祭り)

刀根区公会堂・気比神社

 

 

みやあげ1

 

 

福井県は若狭・敦賀市の

刀根区公会堂~気比神社にて

みやあげ、又は、霜月祭りとも

呼ばれている「秋祭り」が

121日(日)に開催されます。

 

 

こちらは、前日の夜に

御供蒸しという儀式を行い

当日は、早朝ついた餅を

奉納する行列が練り歩きます。

 

 

みやあげ2

 

 

以前は、121日と2日の

両日に行われましたが

現在では、12月の第1日曜日の

早朝から行われます。

 

 

独自の豊富な内容を残している事から

春祭りと共に、敦賀市指定の

無形民俗文化財になっております。

 

 

みやあげ3

 

 

若狭・敦賀市の刀根区は

神事に奉仕する東西の頭屋の制度を

現在まで保持しております。

 

 

2人の頭屋は

年齢が上の方を東座

若い方を西座と

呼び習わします。

 

 

みやあげ6

 

 

祭りの前日の夜に行われる

 

御供蒸しには

 

まじないめいた雰囲気があり

 

この祭りにとって

 

重要な意味のある儀式となります。

 

 

みやあげ5

 

 

[気比神社の秋祭り・みやあげ]

 

●開催場所

福井県敦賀市刀根2712

刀根区公会堂・気比神社

 

●開催日程

121日(日)

AM4時~PM12

 

●お問い合わせ

0770218686

敦賀観光案内所

 

●交通アクセス

北陸本線・JR敦賀駅から

お車で、約5

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約30分の場所でございます。

 

 

地図

 

 

 

PS

 

威勢のよい餅つきで知られ

 

若狭・敦賀市で催される

 

感謝祭「みやあげ」では

 

紺色の着物に襷姿の男衆が

 

餅つき唄と太鼓に合わせ

 

長さ約15m

 

きね棒で餅をつきます。

 

 

みやあげ4

 

 

唄の節目では

きね棒の先についた餅を

高々と掲げたり

そのまま座敷を走ったりして

祭りを盛り上げます。

 

 

ついた餅は

牛の舌の形に整えられ

気比神社に

供えられます。

 

 

この餅を食べると

一家の健康と幸せとご繁栄が

あるとされておりますよ。

 

 

みやあげ7

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る