350年もの歴史を誇る敦賀の伝統行事◆せんべい焼き◆天満神社境内恵比須神社

アイキャッチ

 

 

 

 

町をあげての伝統行事

 

せんべい焼き

 

一丁、焼いてみっか!

 

 

 

 

せんべい

 

 

 

北陸福井県は若狭敦賀市

 

栄新町の天満神社境内にある

 

恵比須神社にて

 

1120日に恒例の行事

 

せんべい焼きが行われます。

 

 

天満神社

 

 

 

PM17時頃から

天満神社で

神事が行われた後

境内に積まれた

木材に点火し

古い神札や守礼等が

焼かれます。

 

 

参拝者の方達は

長さ3m程の

青竹の先に

米粉で作った

生せんべいを付け

かがり火の

ご神火で

じっくりと

焼き上げます。

 

 

せんべい焼き1

 

 

 

この焼いたせんべいを

食べれば

悪病を払い無病息災になると

伝えられております。

 

 

こちらの祭礼は

350年の歴史を誇る

若狭敦賀市の

伝統行事になります。

 

 

せんべい焼き2

 

 

 

この日は境内に

 

たこ焼きや

 

ぜんざい等の

 

夜店や屋台が出て

 

賑わいますよ。

 

 

たこ焼き・ぜんざい

 

 

 

[せんべい焼き]

 

 

◆開催場所

北陸福井県若狭敦賀市

栄新町

天満神社内恵比須神社

 

◆開催日程

毎年1120

PM17時~PM20

 

◆料金詳細

見学は「無料」

せんべい1500

200300

 

◆お問い合わせ

0770228167

(敦賀観光協会)

 

◆交通アクセス

北陸本線JR敦賀駅から

バスで約6分

北陸自動車道敦賀ICから

お車で約10

 

 

恵比須神社は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約30分の

場所でございます。

 

 

地図

 

 

 

PS

 

 

え~と皆さんの故郷には

ちょっと珍しい感じの

伝統行事はございますか?

 

 

私の地元である

福井県の若狭敦賀市には

「せんべい焼き」なるモノ

がございます。

 

 

350年の歴史を誇り

毎年1120日に

天満神社内にある

恵比須神社で

開催されております。

 

 

恵比寿神社

 

 

 

境内を入ると

まず

生せんべいや青竹を

購入します。

 

 

そして

青竹の先に

生せんべいを

挟み

準備が整ったら

焼き始めます。

 

 

せんべい焼き3

 

 

 

皆さんも

普段から

せんべいを焼く

機会は

あまり無いと

思いマス。

 

 

燃え盛る炎の

熱さを我慢して

自分で

じっくりと

焼き上げ

出来たて熱々の

せんべい

なかなかに

美味しいデス。

 

 

敦賀市の栄新町を

挙げて行われる

この伝統行事には

市内外を問わず

毎年大勢の方が

参加しておりますよ。

 

 

せんべい

 

 

 

 

 

自分で焼いた

 

せんべいを食べる

 

という

 

ちょっと

 

新鮮な体験を

 

この機会に

 

やってみませんか?

 

 

 

 

せんべい焼き4

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る