若狭敦賀市・金崎宮◆御船遊管絃祭◆南北朝時代の優雅な船遊び

御船遊管絃祭1

 

 

1020日(日)10時半~14時半

若狭・敦賀市 ◆御船遊管絃祭◆

(おふなあそびかんげんさい)

 

 

白拍子1

 

 

南北朝時代の

優雅な船遊びを再現した

「御船遊管絃祭」が

福井県は、若狭・敦賀市の

金崎宮にて開催されます。

 

 

御船遊管絃祭

 

 

御船遊管絃祭は・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1336年に

後醍醐天皇の命を受けた

新田義貞が

金ケ崎城に陣取り

尊良(たかなが)親王と

恒良(つねなが)親王を

奉じて足利勢と戦い

足利の兵を

一旦、引かせました。

 

 

金崎城

 

 

その後、1020日に

両親王を慰めようと

義貞の家来が

 

「 敦賀湾に 船を浮かべて

紅葉と月を 愛でた 」

 

という故事に

由来している

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・・・との事ですよ。

 

 

御船遊管絃祭2

 

 

こちらの神事では

 

旗やのぼりで飾られた

 

数十隻の船が巡航する他

 

本殿や敦賀湾内の

 

金ケ崎緑地ボードウォークで

 

白拍子が舞を奉納し

 

祝詞を捧げます。

 

 

御船遊管絃祭3

 

 

[御船遊管絃祭]

 

開催場所

福井県敦賀市金ケ崎町14

(金崎宮、敦賀港内)

 

開催日程

1020日(日)

AM 1030PM 14:30

 

駐車場:有

料金:無料

 

お問い合わせ

0770220938

(金崎宮)

 

交通アクセス

北陸道・敦賀ICから

お車で、約10

 

 

こちらは、当館「海のホテルひろせ」より

お車で、約30分の場所でございます。

 

 

map

 

 

 

PS

 

福井県敦賀市の金崎宮の神事

「御船遊管絃祭」が

1020日(日)に

同市の敦賀港や金ケ崎緑地で

古式ゆかしく営まれます。

 

 

御船遊管絃祭4

 

 

鮮やかに彩られた船の前で

舞が奉納され南北朝時代の

優雅な船遊びが再現されます。

 

 

PM 13時頃から

みこしが金崎宮本殿を出発し

敦賀港の天満岸壁に到着します。

 

 

御船遊管絃祭5

 

 

恒良親王になぞらえた童子らと共に

 

色とりどりの吹き流しで飾られた

 

漁船に乗せられ、港内を巡行します。

 

 

御船遊管絃祭6

 

 

そして、船は

金ケ崎緑地前の海上に停泊し

祝詞が、奉納されます。

 

 

同緑地では

雅楽が奏でられ

立烏帽子に太刀を身に着けた

白拍子と呼ばれる女性が

舞を披露しますよ。

 

 

かの太平記の船遊びを

再現したという

優雅な舞や神事を

この機会に

堪能してみませんか?

 

 

白拍子2

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る