火の守護神!京都の洛西「愛宕神社」信仰の祈り◆松上げ◆北陸福井県は若狭小浜市にて開催♪

アイキャッチ

 

 

夜空を焦がす火の祭典

◎ シンプル 且つ 勇壮 ◎

観客も一体となる興奮

 

 

 松あげ1

 

 

 

82324

若狭小浜

松上げ (まつあげ)

 

 

 

松上げとは・・・

 

~~~~~~~~~~~~~

 

火の守護神として知られる

 

京の都・洛西の

 

愛宕神社信仰の祈りが

 

込められた行事

 

~~~~~~~~~~~~~

 

・・・になるそうです。

 

 

 愛宕神社

 

 

北陸福井県は若狭小浜を

起点として

南川を遡上して名田庄村に入り

周山街道の京都府京北町

美山町を経て愛宕神社へと

「松上げの道」がございます。

 

 

更に、この道は

奈良東大寺に至ると言われ

各地で同様の神事が

行われております。

 

 

 松あげの道

 

 

福井県若狭小浜市

 

滝谷区と西相生区の

 

南川河原で

 

毎年、823日前後に

 

家内安全や無病息災

 

豊作を祈念する火祭り

 

「松上げ」では

 

高さ22mの藁で組んだ

 

篭(もじ)に向かって

 

投げいれられる火の灯った

 

無数の松明が

 

夜空に弧を描きます。

 

 

 松あげ2

 

 

[若狭小浜・松上げ]

 

◆開催日時

82324

23日:西相生区)

24日:滝谷区)

 

◆開催場所

福井県若狭小浜市

南川町11

(滝谷区西相生区の南川河原)

 

 

南河原

 

 

◆お問い合わせ

0770531111

(小浜市商工観光課)

 

◆交通アクセス

北陸本線・JR小浜駅から

お車で約20

 

 

南川河原

上・中流域の集落

美浜温泉

「海のホテルひろせ」より

お車で約40分の

場所でございます。

 

 

松あげ5 

 

 

 

PS

 

若狭小浜市の南川河原では

8月23日24日に

高さ22m程の藁で組んだ

篭に向けて松明を投げ上げる

松上げという

火祭りが行われます。

 

 

 

ちなみに「松上げ」とは・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

松明(たいまつ)を上げる

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

・・・という意味になるそうです。

 

 

 松あげ3

 

 

夜空に舞い上がる

炎の乱舞は

美しい幻想の世界を描き

観衆は

固唾をのんで見守ります。

 

 

炎に包まれた松明が

もじ近くに舞い上がると

歓声が沸き起こります。


 

 

火は人の生活に

大切な関わりを持つと共に

その恐ろしさからも

火の神秘は

人々の心に敬虔な祈りを

生み出しました。

 

 

火の守護神・愛宕信仰は

人々の生活の中で

次第に

広められてきたそうですよ。

 

 

 松あげ4

 

 

この松上げが終わると

若狭の秋も、もうすぐです。

 

 

なので、こちらは

夏の終わりを告げる

せつない伝統行事なのかも?

知れませんね。

 

 

 

若狭・小浜「松あげ」動画(0:31)

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る