実りの「秋」を迎える神事◆風祈能(かざいのう)◆福井県は若狭美浜町の「彌美神社」にて開催!

アイキャッチ

 

 

実りの秋を迎える神事

芸能の物語

若狭美浜町・彌美神社

『 風祈能 』

 

 

 神社

 

 

福井県は、若狭・美浜町

 

宮代の彌美(みみ)神社で

 

820日に行われる

 

風祈能(かざいのう)は

 

台風が多くなる時季を前に

 

「風祈能」と呼ばれる能を奉納して

 

無事に実りの秋を

 

迎えられるように祈願する

 

伝統行事でございます。

 

 

 かざいのう

 

 

こちらは

650年以上前から伝わる

とされております。

 

 

県無形民俗文化財にも

指定されており

「一人翁(おきな)」が

厳かに 演じられます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そもそも「能」とは・・・

 

~~~~~~~~~~~~

 

室町時代につくられた

 

舞踊演劇で

 

必要最低限の動きや

 

舞台装置しか用いない

 

質素な芸術

 

~~~~~~~~~~~~~

 

・・・であるそうです。

 

 

能

 

 

顔に仮面、手には扇

そして、体には美しい装束

 

音楽に合わせて、優雅に舞うのが

能の基本スタイルになるとの事。

 

 

 

能の基礎知識・動画(12:03)

 

 

 

風祈能の開催場所となる

美浜町・宮代の「弥美神社」は

敦賀から、国道27号線を西へ

美浜町内に入った場所に

鎮座しております。

 

 

参道の大鳥居から直進すると

境内に入れます。

 

 

神社2

 

 

境内入口の鳥居も大きく立派で

拝殿の左右には

ご神木の大きな杉が生えております。

 

 

当地は旧耳村と言われており

当社も耳明神とも言われております。

 

 

木

 

 

第九代・開化天皇の

孫と伝えられる

室比古王を祀っております。

 

 

由緒書きによると

祭神は第十代・崇神天皇の時代に

旧耳村に住んで

三方郡を統治したとの事です。

 

 

 神社3

 

 

[彌美神社・風祈能]

 

◆開催日程

820

12時~15時頃

 

◆開催場所

福井県美浜町宮代

(彌美神社)

 

◆お問い合わせ

0770320222

(美浜町観光協会)

 

◆交通アクセス

JR小浜線・美浜駅から

お車で約5

 

 

彌美神社は

美浜温泉

「海のホテルひろせ」より

お車で約10分の

場所でございます。

 

 

 神社4

 

 

 

PS

 

「風祈祭」は

 

その名前にある通り

 

台風が発生する時期に

 

農作物が被害にあわない様

 

二百十日を前にして

 

能が舞われる

 

神事でございます。

 

 

 翁2

 

 

長年、若狭地方の

舞台芸能を受け継いできた

「若州藩若狭能倉座」が

演じております。

 

 

演者は、能舞台で

漆塗りの箱から取り出した

翁の面を着け

扇を操りながら

ゆったりと舞います。

 

 

鼓や笛の音に合わせて

「杜若(かきつばた)」

「猩々(しょうじょう)」

などの演目を

披露してくれますよ。

 

 

かざいのう2

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る