福井県は若狭美浜町の伝統◆弥美神社・王の舞◆詩情あふれる神事デス

アイキャッチ

 

 

若狭・美浜町の伝統

◎弥美神社・王の舞◎

詩情あふれる神事

 

 

mimi1

 

 

福井県は若狭・美浜町の

 

麻生地区で行われる

 

弥美神社の王の舞は

 

毎年5月1日に

 

弥美神社の祭礼にて

 

奉納されます。

 

 

mimi2

 

 

数ある氏子集落の内

この王の舞の舞の担当は

唯一、美浜町の麻生地区が

担当しております。

 

 

それは区民にとって

誇りでございます。

 

 

また、祭礼の本番迄に

区内の八幡神社の境内でも

数回、舞を行います。

 

 

mimi3

 

 

麻生地区では

過疎化や少子化により

舞人の人選、囃子方、指導等

存続には、多くの壁があり

由緒ある王の舞を保存するのが

難しくなってきております。

 

 

この王の舞の

舞人の系譜を辿ると

大正5年と

判明しておりますが

それ以前は不明です。

 

 

そんな弥美神社の祭礼は

美浜町の麻生地区民にとって

歴史ある重要な行事で

この王の舞が

伝統でございますよ。

 

 

mimi4

 

 

昔、この祭りの催事は

 

当番の家を利用していた為

 

祭りの当番(当屋)になると

 

家を改装して

 

舞人の世話をしておりましたが

 

近年、舞人の人選方法や

 

祭りの形態は

 

変わってきております。

 

 

 

★弥美神社・王の舞(27秒)

 

 

 

[宮代・弥美神社の王の舞]

 

◆開催日程

5月1日(木)

~~~~~~~~~~~~

早朝~

漁業権・山入権宣言

大漁豊作祈願の神饌奉納

11:00頃~

1本幣を先頭に

王の舞・獅子舞等の各組は

大ご幣を迎える。

(その後幣おし開始)

16:00頃~

王の舞・獅子舞奉納

~~~~~~~~~~~~

 

◆開催場所

福井県三方郡美浜町

宮代10-25

 

 

mimi5

 

 

◆お問合わせ

0770-32-0254

 

◆交通アクセス

北陸本線・JR美浜駅より

お車で、約5分の場所です。

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約10分の場所です。

 

 

map

 

 

 

PS~

 

弥美神社の例祭で行われる

王の舞は

古い舞楽の中にあった

竜王の王の舞が

いつの間にか脱落して

王の舞になった

と言われております。

 

 

舞手一人

(未婚の男子)

太鼓方一人

笛方六人

で構成されます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

舞手は紅の衣に天狗の面

鳳凰の冠を付けて

白足袋に裸足で刀と扇を差し

鉾を振りながら舞い踊ります。

 

 

優雅で美しいその舞は

古い舞楽の調べと共に

詩情あふれる

神事でございますよ。

 

 

mimi7

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る