若狭出身・世界の偉人★佐久間勉艇長遺徳顕彰祭★4月15日は佐久間の命日です!

音楽隊

 

 

佐久間艇長こと

佐久間 勉(さくま つとむ)

1879年9月13日・生誕

1910年4月15日・殉職

 

 

日本の海軍軍人で

最終階級は

海軍大佐でした。

 

 

佐久間艇長1

 

 

 

おそらく

地元・若狭町でも

若い世代には

余り知られていない

福井県三方郡

八村(現・若狭町)出身の

世界の偉人と

言われている

人物でございます。

 

 

今日でも

彼の命日には

出身地の福井県で

遺徳顕彰祭が

行われております。

 

 

海上自衛音楽隊による

演奏の他

イギリス大使館付武官による

スピーチも行われている

様です。

 

 

明治43年4月15日

佐久間勉大尉を艇長とする

第6号潜水艇が殉難した時

死に臨んでも

沈着にして勇断に対処した

精神・行動が

世界各国で称賛されており

それを称える式が開かれます。

 

 

佐久間艇長2

 

 

 

PS~

 

 

今回の文章は

戦争を肯定又は否定する物では

ございません。

 

~~~~~~~~~~~~~

自らのやるべき事を

命をかけて全うした

そんな若狭町出身の

人物がいた。

 ~~~~~~~~~~~~~

 

という事を

お伝えしたいと思っております。

 

なので、どうか

不快に思わないで下さいね。

m(__)m

 

 

佐久間艇長3

 

 

 

【佐久間勉の生涯】

 

 

福井県三方郡

八村(現・若狭町)で

前川神社神官・小学校教員

佐久間可盛の

二男として生まれました。

 

福井県立小浜尋常中学校を経て

1901年(明治34年)12月

海軍中学校(29期)を卒業。

 

後年、内閣総理大臣を務めた

米内光政は兵学校の同期生。

 

1903年(明治36年)

海軍少佐に任官

巡洋艦「吾妻」に乗り組み

日露戦争を迎えました。

 

日本海戦時には

巡洋艦「笠置」に

乗り組んでいました。

 

 

佐久間艇長4

 

 

 

戦後、水雷術練習所学生

水雷母艦「韓崎」で勤務。

 

さらに、第1潜水艇隊艇長

第4号潜水艇長、第1艦隊参謀

駆逐艦「春風(初代)」艦長

巡洋艦「対馬」分隊長を歴任。

 

1908年(明治41年)11月

第6潜水艇隊艇長を

命ぜられました。

 

 

佐久間艇長3

 

 

 

1910年(明治43年)4月15日

第6潜水艇は山口県新湊沖で

半潜航訓練中に沈没

佐久間以下14名が殉職しました。

4月17日に

第六潜水艇が引き揚げられ

佐久間の遺書が発見されました。

 

 4月20日

その内容が発表され

大きな反響を呼び

同日

殉職者14名の

海軍公葬が

呉市海軍基地で

行われました。

 

同年、4月26日に

佐久間の葬儀が

郷里の前川神社で

村葬として

執行されました。

 

 

佐久間艇長10

 

 

 

【第六潜水艇沈没】

 

 

明治43年4月15日9:50

第六号潜水艇は

山口県新湊沖において

半潜航実験の後

全潜航に入り

海底沈座等の

潜航訓練を開始した。

 

 

しかし、間もなく

海水が浸入し必死の排水。

 

 

作業にも係わらず

佐久間勉艇長以下

14名を載せた六号艇が

再び自力で

浮上する事は無かった。

 

 

翌16日に沈没した

艇体が発見され

17日になって

浅瀬に回航された。

 

 

当時の潜水艇の性能から

生存者の望みは無かった。

 

 

問題は乗組員が

帝國海軍軍人として

相応しい死に方をしているか

という、一点にあった。

 

 

直近で外国の海軍に

同様の事故があり

乗組員の醜態が

世間に知られていたからだ。

 

 

「よろしいっ」

まさに絶叫であった。

 

 

引き揚げられた

六号艇の状況を検分した

吉川中佐の絶叫は

号泣に変わり

男泣きに泣き崩れた。

 

 

艇長は司令塔に

機関中尉は電動機の側に

機関兵曹はガソリン機関の前に

舵手は舵席に

空気手は空気圧搾管の前に

14名の乗組員は

全員それぞれの部署を離れず

艇の修復に全力を尽くし

従容として

見事な最期を遂げていた。

 

 

その後

収容された佐久間艇長の

遺体のポケットから

遺書が発見された。

 

 

沈没後電燈が消えて

酸素は刻々と消費されていく。

 

 

ガソリンによる瓦斯は

艇内に充満し

おそらく

部下は一人また一人と

絶命していった。

 

 

佐久間艇長は

そのような環境の下

天皇陛下の艇を沈め

部下を死なせる罪を謝し

乗組員全員が

職分を守った事を述べ

沈没の原因・沈据後の

状況を説明した後

公言遺書を記している。

 

 

佐久間艇長7

 

 

 

◆公言遺書◆

 

 

謹んで陛下に白す

部下の遺族をして

窮するもの無からしめ

給わんことを

我が念頭に懸るもの

之あるのみ

 

 

 

当時、事故に対する

遺族への補償金などの

支払規定は無かった。

 

佐久間艇長の遺言は

上奏され

勅命によって直ちに

裁可された。

 

 

 

「十二時四十分なり」

 

 

 

と記して遺書は

終わっております。

 

 

佐久間艇長8

 

 

 

◇碑文◇

 

 

刻々に死の迫りくる

広島湾の海底に従容として

責務を果し

智と勇と人の情を

潮ひたす手帳にこめて

天の命を待つ

 

 

時に

明治四十三年

四月十五日

 

 

あゝかくて

ますら夫のまことの精神は

世を超えて永久に生くべし

 

 

佐久間艇長に関し

感銘の辞や

激賞の名文を試みようと

雖も

文豪夏目漱石をして

死に直面し

幽明の境にあっての

遺書こそ

「文芸のヒロイック」

と言わしめたそうです。

 

 

最後まで部下に

指示を出し

部下の家族への

思いやりの言葉や

沈没の原因等を

記した

遺書を書いたことから

「沈着勇断」と

称されておりますよ。

 

 

佐久間艇長9

 

 

 

[佐久間記念館]

 

 

◆所在地

福井県三方上中郡

若狭町北前川

(若狭町教育委員会事務所)

 

◆お問い合わせ先

0770-45-2222

 

◆開館時間

AM8:30~PM5:30

(予約必要)

 

◆入館料

無料

 

◆駐車場

10台程

 

◆休館日

年末年始

(12月28日~1月4日)

 

◆交通アクセス

北陸本線JR三方駅から

タクシーで5分

 

 

佐久間記念館は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約15分の

場所でございます。

 

 

佐久間艇長8

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る