北陸福井県は若狭地方に古より伝わる◆雲丹醤(うにひしお)◆日本三大珍味「生雲丹」の魚醤

アイキャッチ

 

 

北陸福井県は若狭地方に

古より伝わる珍味な魚醤

『雲丹醤』

(うにひしお)

 

 
福井特産・雲丹醤

 

 

 

雲丹醤とは・・・

~~~~~~~~~~~~

日本三大珍味と呼ばれる

生雲丹を原料に造られた

魚醤(ぎょしょう)

~~~~~~~~~~~~

・・・になります。

 

 

日本海・若狭湾は

海流にもまれ

栄養価にも

恵まれております。

 

 

若狭湾

 

 

 

雲丹醤は、そんな

若狭の海から生まれた

鮮度の良い生で食べられる

雲丹のみで

造られております。

 

 

そもそも「ひしお」は

若狭の特産品でございます。

 

 

大陸文化の窓口であり

海の幸の宝庫である

若狭地方の沿岸地域では

古くより

アジ、サバ、イワシなどの

魚介類を使った「魚醤」が

造られてきました。

 

 

アジ・サバ・イワシ

 

 

 

生雲丹を原料にした魚醤である

 

雲丹醤は非常に珍しく

 

食通の方や料理家の方々から

 

絶賛の声を頂いているとの事です。

 

 

雲丹醤1

 

 

 

『なぜ、雲丹なのか?』

になりますが

こちら若狭地域は、昔から

「雲丹の産地」

になるからです。

 

 

なんでも

文献には・・・

~~~~~~~~~~~~~

アジ、サバ、イワシの他に

「雲丹」でも作られていた

~~~~~~~~~~~~~

・・・と残っており

それを元に造ったのが

「雲丹醤(うにひしお)

でございます。

 

 

雲丹パスタ

 

 

 

そのコクのある

 

力強い旨味は

 

~~~~~~~~~

 

「日本料理」

 

「フランス料理」

 

「イタリア料理」

 

~~~~~~~~~

 

などにも

 

向いておりますよ。

 

 

雲丹ごはん 

 

 

PS

 

 

雲丹醤の家庭での調理法は

パスタやご飯にウニを乗せて

醤油の代わりに雲丹醤とかが

結構いけると思います。

 

 

雲丹醤は使い方によっても

風味が違ってきますので

お使いの際は

色々と自分で試してみるのも

楽しいですよ。

 

 

雲丹醤2

 

 

 

ちなみに「ウニ」には

 

読み方が同じでも

 

2種類の漢字がございます。

 

 

うに・生きてる状態

 

 

 

その「海胆」と「雲丹」の

 

使い分け方は・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

「海胆」は生きてる状態

 

「雲丹」は加工してある状態

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

・・・になるそうですよ。

 

<m(__)m>

 

 

うに・加工状態

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る