福井県は若狭敦賀市・金ヶ崎千本桜◆花換まつり◆貴方の恋物語が花開く

アイキャッチ

 

 

若狭敦賀市・金ヶ崎千本桜

◎ 花換まつり ◎

貴方の恋物語が花開く

 

 

hanakae1

 

 

花換(はなかえ)まつりとは

福井県は若狭・敦賀市金ヶ崎町で

4月1日(日)~15日(日)に行われる

人と人とを結ぶ縁結び桜を鑑賞する

春の観光イベントでございます。

 

 

「花換えましょう」と声を掛け合い

金ヶ崎を訪れた男女がお互いの

桜の小枝を交換する事によって

想いを伝えあったと言われる

ロマンチックなお祭りになります。

 

 

「花換え」をしたカップルは

将来幸せに恵まれるそうです。

 

 

 

★花換まつり動画(0:44)

 

 

 

[意外と知られていない祭事準備]

 

事前に境内の参集所で

金ケ崎町婦人部の女性の皆さんが

長さ約30cmのサクラの小枝の造花に

約700年前、尊良親王らが詠んだ

恋愛の歌を印刷した短冊と

同宮の護符を結び付けます。

 

 

1日で約千本も作り

同宮の関係者らが

既に作っていた物と合わせて

計約6000本が完成します。

 

 

こうして、ようやく

祭りの準備が整います。

 

 

jyunnbi

 

 

花換まつりは

明治時代末期から続くと言われ

毎年大勢の

カップルが訪れます。

 

 

祭りの力で多くの男女に

幸せになってもらいたいと

頑張ってくれている

人達に感謝ですね。

 

 

hanakae6

 

 

[春の風情・夜桜ライトアップ]

 

花換まつり期間中は

PM18時~PM22時に

夜桜を

ライトアップします。

 

 

週末には露天が立ち並び

数々のイベントも催されます。

 

 

hanakae7

 

 

本殿裏の高台には

後醍醐天皇の皇子

尊良親王の墓所を示す

石碑が残っております。

 

 

南北朝時代

新田義貞に奉じられて

同地に下り

金ヶ崎城に籠ったのですが

追討の足利勢に敗れ

自害したそうです。

 

 

また、戦国時代の1570年

織田信長が

徳川家康と越前朝倉氏を

攻めた際

近江の浅井氏の裏切りで

退路を断たれ

後の豊臣秀吉が朝倉軍の追撃から

信長を逃がす為に

踏み留まったのも金ヶ崎城と

言われております。

 

 

遊歩道を上り詰めた

海抜86mの高台にある

本丸跡の月見御殿からは

敦賀湾が一望出来ますよ。

 

 

Sierra Exif JPEG

 

 

 

[金崎宮が何故?恋の宮]

 

花換祭が

行われる様になったのは

明治40年代と

伝えられております。

 

 

当時は男女間の交際の

切っ掛けが無い時代だったので

花換祭は縁を取持つ

格好の場と機会になりました。

 

 

神社で受けた花を持ち

お目当ての人の前に行き

「花換えましょう」

と声を掛けます。

 

 

もし、その人が

思いに叶った人ならば

「花換えましょう」

と返答し

それぞれの花を交換して

お付き合いが始ったとの事。

 

 

そして、何時しか金崎宮を

「恋の宮」と

呼ぶ様になったみたいですよ。

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

[花換まつりの手順]

 

1、この神事の主役は桜の小枝。

 

その小枝には

花換祭の短冊と

小さな絵馬・お守りが

付いております。

 

この造花自体がお守りです。

 

花換えに参加するには

先ず、桜の小枝を

授与所(神社の事務所)にて

授かります。

(初穂料@500円)

 

 

hanakae9

 

 

2、次に御本殿にお参り。

 

お参りをされてから

桜の小枝を受けられても

大丈夫です。

 

 

hanakae5

 

 

3、福娘と桜の小枝を交換。

 

この時、桜の小枝に

願いや想いを込めて

福娘に

「花換えましょう」と

声を掛けて

交換します。

 

福娘は

神様と参拝者との仲を

取り持つ方なので

福娘との交換は

神様との交換です。

 

福娘と交換する前に

神様への願い事を

桜の小枝に託します。

 

そして帰ってきた

桜の小枝が願いのこもった

「お守り」となります。

 

 

hanakae4

 

 

4、他の方とも桜の小枝を交換。

 

福娘と交換したら

お友達同士・家族同士・カップル

また見知らぬ者同士でも

交換して下さい。

 

桜の小枝は

交換する程、幸せが宿る

と言われております。

 

お持ち帰りになられた

桜の小枝は玄関先や神棚

また夫々の想いの方の所に

御奉斎下さいませ。

 

 

hanakae3

 

 

[若狭敦賀市金崎宮花換まつり]

 

◆開催場所

福井県敦賀市金ヶ崎町1-1

金ケ崎公園(金崎宮)

 

◆開催日程

4月1日~15日

PM14時~

 

◆料金詳細

境内散策:無料

桜の小枝@500円

 

◆お問い合わせ

0770-21-8686

(敦賀観光案内)

 

◆交通アクセス

JR北陸本線・敦賀駅から

バスで、約7分

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約30分の場所です。

 

 

Map

 

 

 

PS~

 

「恋ごころ小枝に託して

永遠の幸せを」の

キャッチフレーズが

なんとも

ロマンチックな祭事が

花換まつりです。

 

 

その昔は神事として

老若男女皆が花換えの後

抽選会をして神鏡が

授与されておりました。

 

 

現在では期間中

「花換神事」が数日行われ

神職と福娘が神前に奉告し

参詣者と花換えの後

小判守りや弓矢が

授与されます。

 

 

hanakae10

 

 

開催場所である

金崎宮は

桜が敦賀駅前そばの

天筒山斜面に面した階段と

金ケ崎宮周辺に

集中しております。

 

 

当日は交通面で多少

混雑するかも知れませんが

県外でも有名な

若狭の春を代表するイベントです。

 

 

そんな敦賀の花換まつりに

貴方も参加してみませんか?

 

 

hanakae11

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る