若狭町・成願寺☆少年が舞う「王の舞」☆闇見神社の例祭神事

闇見神社例祭神事2

 

 

◆◇◆―――――――――――――

地元・少年が舞う 「 王の舞 」

闇見 ( くらみ ) 神社の例祭神事

―――――――――――――◆◇◆

 

 

若狭町・成願寺・闇見神社の

恒例の春祭りである

『 闇見神社例祭神事 』 は

4月5日(金)に行われます。

 

 

年ごとに氏子である

倉見、白屋、成願寺、上野、岩屋などの

各区が交替で神事を担当しております。

 

 

子供が舞う

 

 

例祭当日は

当屋 ( 組頭 ) を出発した行列が

神社の参道に到着すると

「 当渡しの儀 」 ( 当屋交代の儀式 ) を行い

王の舞、獅子舞、大御幣搗きが行われます。

 

大御幣搗きでは

長さ6尺の松の生木で出来た大御幣を

地面に強く打ちつけながら社殿に向かいます。

 

 

闇見神社1

 

 

その後に

神輿の渡御があり、神輿の前で

王の舞と獅子舞が奉納されます。

 

この闇見神社の例祭神事は

2日間に渡って行われ

福井県の 「 無形民俗文化財 」 に

指定されております。

 

 

闇見神社2

 

 

[ 闇見神社・例祭神事 ]

 

開催日

4月5日(金)

 

所在地

福井県三方上中郡若狭町成願寺

字御手洗水12-7

 

お問い合わせ

(社)若狭三方五湖観光協会

0770-45-0113

 

交通アクセス

電車でお越しの方

JR小浜線「十村駅」下車

徒歩20分

 

 

 

こちらは当館「海のホテルひろせ」より

お車で約20分の場所でございます。

 

 

神社周辺

 

 

 

PS~

 

福井県・若狭地方に

「 王の舞 」 の季節が訪れます。

 

 

福井県若狭町成願寺

『 闇見 ( くらみ ) 神社 』 の例祭が

4月5日(金)に行われます。

 

 

闇見神社は式内社とされ

古くから、この地の人々の信仰を

集めてきました。

 

 

闇見神社3

 

 

闇見神社・例祭で

いつ頃から、「 王の舞 」 が

奉納されていたか? (´・ω・`)

 

 

こちらは、定かではございませんが

なんでも ・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~

創建された頃から

南北朝時代にかけては

猿楽・田楽として

奉納されていたモノが

室町時代に

「 王の舞 ・ 獅子舞 」 として

行われるようになった。

~~~~~~~~~~~~~~~

・・・ と言われております。

 

 

そして、この闇見神社・例祭では

なんと、少年が舞うんです! (゚Д゚)ノ

 

通常は大人が舞うので

若狭地域でも貴重な

「王の舞」 となりますよ。 (#^.^#)

 

 

闇見神社例祭神事1

 

 

この王の舞は、若狭地方で

10カ所以上奉納されている舞で

舞楽の 「 蘭陵王 」 や 「 竜王 」 に由来する

と考えられております。

 

 

鼻高面をつけ、鉾を手にして

鎮めの所作を演じマス。

 

 

闇見神社例祭神事2

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る