福井県・若狭における最古の本堂★妙楽寺★静寂な境内デス

アイキャッチ・妙楽寺

 

 

福井県・若狭・小浜市の妙楽寺は

真言宗のお寺で高台にある

敷地の広いお寺でございます。

 

 

妙楽寺・門

 

 

妙楽寺は奈良時代に行基が創建し

平安時代に弘法大師が再興したそうです。

 

 

妙楽寺1

 

 

妙楽寺の本堂は

鎌倉時代に建立されたモノで

若狭最古の建物で国の

重要文化財にも指定されております。

 

 

大仏

 

 

妙楽寺の本堂には、平安時代に作られた

木造千手観音立像が安置されております。

 

妙楽寺の木造千手観音立像は

檜の1本刻みの像で、こちらも

国の重要文化財に指定されております。

 

妙楽寺の木造千手観音立像は

かつて、33年に1度の公開だった様です。

 

 

千手観音像

 

 

[ 妙楽寺 ]

 

所在地

福井県小浜市野代町

 

お問い合わせ

0770-52-2082

 

拝観料:400円

 

営業時間

AM 9:00 ~ PM 5:00

 

 

妙楽寺・看板

 

 

 

PS~

 

妙楽寺は、養老3年(718)に行基が開創し

延暦16年(797)に弘法大師が再興した

と言われる名刹でございます。

 

桜並木の参道から山門をくぐると

境内には俗界と一線を画す静寂が広がります。

 

鎌倉時代に建立された本堂(重文)は

若狭における最古の建造物で24面を持つ珍しい

木造千手観音菩薩立像(重文)が安置されております。

 

妙楽寺は、若狭小浜・国宝巡りの寺院の1つで

境内を含め、全体が有料になりますよ。

 

 

妙楽寺2

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る