若狭・敦賀市・野坂神社『野坂だのせ祭り』田を耕す姿を表現

野坂だのせ祭り4

 

 

2月17日(日) AM 9:00~

 

『野坂だのせ祭り』

敦賀市・野坂神社

 

「だのせのせのや~」

田を耕す姿を表現

 

 

野坂だのせ祭り2

 

 

『野坂だのせ祭り』は、福井県・若狭・敦賀市

野坂山麓の「野坂神社」に、室町時代から伝わる

豊作祈願の伝統行事でございます。

 

 

神社1

 

 

祭りの当日は、午前中

野坂神社にて神田で収穫された

お米で作った菱餅などを

神前にお供えして

五穀豊穣を祈願します。

 

その後

「万歳楽」(まんざいらく)

といわれる大変素朴な舞を舞い

神田の耕作者を引き継ぐ行事

「頭渡し」(とうわたし)

の儀式が行われます。

 

 

野坂だのせ祭り3

 

 

午後からは

公会堂に場所を移し

「素襖」(すおう)を着た男衆が

「田うち歌」に合わせて

「だのせのせのや~」

と合いの手を入れながら

くわに見立てたチサの棒で

大太鼓を叩き

田を耕す姿を表現した

「田打ち踊り」を舞います。

 

これを三回繰り返して

「田植え歌」に変わり

福男の米蒔きや、女性扮した

「小昼持ち」(こびるもち)

などを間に加えながら

稲の苗に見立てた杉の葉を手に

「田植え踊り」を舞い

その年の豊作を祈ります。

 

 

野坂だのせ祭り4

 

 

[ 野坂だのせ祭り ]

 

 

開催日

2月17日(日)

AM 9:00 ~

 

開催場所

福井県敦賀市野坂

(野坂神社)

 

交通アクセス

JR小浜線粟野駅から徒歩10分

 

お問い合わせ

野坂だのせ祭り保存会事務局

0770―25―4265

 

 

神社2

 

 

 

PS~

 

敦賀市の野坂神社で開催される

『野坂だのせ祭り』は

旧暦の1月8日(現在は直前の日曜日)

に行なわれております。

 

こちらは、田遊びの色濃い予祝芸の行事で

室町時代に始まったと言われております。

 

「だのせ」という名は囃し言葉の

「だのせのせのや」から来たモノで

その語源には「田之生」や「田主」

などの諸説がございます。

 

 

野坂だのせ祭り1

 

 

「田打ち儀式」「田植え儀式」は

地区の子ども・大人が交互に行われます。

 

儀式は、音頭に合わせて演じられ

踊り手は「だ~のせ~のせ~のや~」

の威勢のいい合いの手を入れます。

 

大人の田打ち神事の途中には

福の種(米粒)を持った福男が登場します。

 

「福の種を巻こうよ~」

と声を張り上げ

米粒を会場中に巻いたりします。

 

 

野坂だのせ祭り・子供

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る