若狭・高浜町「神事」青海神社『柴の実入れ』神主に襲い掛かり、力を込めて叩きに叩いて、オールOK?

「柴の実入れ」の神事は
修祓・開扉・献餞・祝詞奏上などの順に式次第に従い厳粛に行われます。そのあと、シバカンヌシが拝殿中央に進み出て「柴の実入れ」の宣詞を奉読します。宣詞を三段落に分けて、読み上げる度に7名の実入れ役のシバタタキが、喚声をあげて襲いかかりシバでシバカンヌシの背中を思いっきり叩きます。よく叩けば叩く程、荒天になっても稲の実入りが良く豊作になると伝えられております。

 

 

福井県・若狭・高浜町には

神主に襲い掛かり

力一杯、叩きに叩く

という「神事」が存在します。

 

 

~~~~~~~~~

2月11日(月)

柴の実入れ

高浜町・青海神社

~~~~~~~~~

 

 

青海神社・鳥居

 

 

『柴の実入れ』は

高浜町青の「青海神社」で

毎年2月11日に行われる

年頭の豊作祈願の神事

でございます。

 

 

柴の実入れ・青海神社

 

 

改暦以前は、陰暦の1月3日に

行われておりました。

 

この神事には、旧青郷村の

青・日置・関屋・横津海・出合の

五集落が参加して行われております。

 

 

柴の実入れ・五集落

 

 

「柴の実入れ」の神事は

修祓・開扉・献餞・祝詞奏上などの

順に式次第に従い厳粛に行われます。

 

 

そのあと、シバカンヌシが

拝殿中央に進み出て

「柴の実入れ」の宣詞を奉読します。

 

 

柴の実入れ・宣詞

 

 

宣詞を三段落に分けて

読み上げる度に7名の実入れ役のシバタタキが

喚声をあげて襲いかかり

シバでシバカンヌシの背中を思いっきり叩きます。

 

よく叩けば叩く程、荒天になっても

稲の実入りが良く豊作になると伝えられております。

 

 

柴の実入れ・叩き

 

 

シバは各戸に2本ずつ配布し

御幣をつけて床の間に飾っておきます。

 

 

「柴の実入れ」の神事は

大正12年に筆書された

「青海神社鎮座の伝承」に記録があり

当時とあまり変わらずに

継承されております。

 

 

稲束に見立てたシバの儀礼は

丹波のハナフリに酷似しており

予祝儀礼の伝播の事例としても

重要な民俗として

位置付けられております。

 

 

柴の実入れ・賑わい

 

 

[ 青海神社・柴の実入れ ]

 

 

所在地

福井県大飯郡高浜町青宮脇15-1

 

日程

平成25年 2月11日 (月)

 

お問い合わせ

0720-72-0564

 

交通アクセス

青郷駅・出口から 徒歩約2分

 

駐車場 有り

 

 

青海神社・社殿

 

 

 

PS~

 

ちなみに、青海神社のケヤキは

町指定天然記念物でございます。

 

 

青海神社の境内にそびえ立ち

神社の守り神として

立派に育っております。

 

 

ケヤキ

 

 

そして、毎年秋に

青海神社では

豊漁豊作に感謝する

例大祭が営まれます。

 

 

300人を超える氏子たちが

境内に集まり、横笛や太鼓で

賑やかな祭囃子を奉納します。

 

 

青海神社・拝殿

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る