奈良の大仏を凌ぐ大きさ!福井県は越前・勝山◆越前大仏(清大寺)◆

アイキャッチ

 

 

奈良の大仏を凌ぐ大きさ

福井県は越前・勝山

◆越前大仏(清大寺)◆

 

 

越前大仏1

 

 

日本全国には

数多くの大仏がありますよね。

 

 

一般に、大仏と言えば

奈良や鎌倉の大仏が有名です。

 

 

そして、福井県の

越前地方には個人で建てたという

驚きの大仏がございます。

 

 

その「越前大仏」は

臨済宗妙心寺派の寺院

大師山清大寺にある大仏です。

 

 

越前大仏4

 

 

こちらは出世大仏とも

呼ばれております。

 

 

越前大仏の特徴は

毘盧舎那如来の大仏で

中華人民共和国洛陽市にある

龍門奉先寺座像を

モデルにしていると

言われております。

 

 

こちらの像高は

17.0mございます。

 

 

越前大仏2

 

 

[越前大仏・建立の経緯]

 

勝山出身の実業家

多田清翁氏によって

昭和62年に創建された

大師山清大寺です。

 

 

1987(昭和62年)5月28日に

開眼供養しました。

 

 

大師山清大寺は

当初観光目的の寺院でありましたが

2002年(平成14年)12月20日に

臨済宗妙心寺派の寺院となり

宗教法人となりました。

 

 

越前大仏3

 

 

大仏殿に鎮座する大仏の座高は

なんと

奈良の大仏を超える17mです。

 

 

日本でも

トップクラスの大きさを

誇ります。

 

 

この越前大仏は

正に圧巻とも言うべき

大きさでございます。

 

 

越前大仏5

 

 

その他にも

大師山清大寺の

巨大な建築物群にも

圧倒されますよ。

 

 

拝観料(大人1名)は・・・

~~~~~~~~~~~

当初は→3000円

次に→2500円

その後→1000円を経て

2013年12月現在は

500円にまで

~~~~~~~~~~~

・・・下がっております。

 

 

参詣者数は当初から伸び悩み

「門前町」と称する土産物店街は

現在一軒のみ、との事です。

 

 

越前大仏6

 

 

1996年から納税が

困難となり

2002年と2004年より

土地、建物を勝山市が

管理しております。

 

 

大仏と大仏殿は清大寺が管理し

敷地内の土地や五重塔等の建物は

公売に出されましたが

2009年7月で最低価格を下げての

4度目の入札を行ったのですが

今だ、買い手は

見つかっていない様です。

 

 

そういった経緯もあり

おそらく、日本で一番不人気?

と思われるのが

この越前大仏様と

そのお寺さんになるのかも

知れません。

 

 

越前大仏7

 

 

こちらは、なんと総工費が

380億円も、かかったそうです!

 

バブル絶頂の時期に

建立された為に

「金儲け」「税金逃れ」等と

言われてしまった様です。

 

しかし、私は

そうではない気がしております。

 

380億円という工費と維持費を

回収するコトを

考えて投資していたとは

到底、思えないからです。

 

おそらくですが、建立者の方は

お金儲けや、税金逃れではなく

(多少は、考えていたかも)

夢とか、浪漫とか

そういった類の物でもなく

なんと言うか

意地や気概みたいなモノで

何かをやってやりたかった

残したかった、のでは?

と、勝手に解釈しておりますが

本当の事は分かりかねます。

 

この様に「越前大仏」は

大仏以外の事でも

何だか

楽しめそうなスポットです。

 

こちらの近隣に、お立ち寄りの際は

是非1度、拝観して下さいませ。

 

 

 

★福井県の越前大仏・動画(6:06)

 

 

 

[越前大仏(清寺大)]

 

◆所在地

福井県勝山市片瀬50-1-1

 

◆営業期間

AM8時~PM17時

 

◆駐車場

無料(400台)

 

◆お問い合わせ

0779-87-3300

 

◆交通アクセス

えちぜん鉄道・勝山永平寺線

勝山駅から、お車で約10分

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約2時間の場所でございます。

 

 

map

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る