ブリブリした『若狭の寒ブリ』の季節!

アイキャッチ

 

 

若狭の寒ブリは順調に

水揚げされました。

 

 

冬にとれるブリは脂がよくのり

寒ブリとして珍重されております。

 

 

日向漁港1

 

 

この時期の魚はとても貴重品でブリに限らず

「お歳暮用」なるべく(活かし)で全て売る

と決められており、よほどの大漁でなければ

地元・定置網組合の方達も味わう事が無いそうです。

 

 

活かしの魚を扱う際にも

傷をつけない様に

細心の注意を払いながら

出荷されております。

 

 

日向漁港2

 

 

毎年、12月から2月頃に

若狭・美浜町・日向漁港では

寒ブリの大敷網漁が行なわれ

賑わいをみせます。

 

日向の大敷網は

水揚げ、網の大きさ共に

福井県一の規模を

誇っております。

 

ブリは出世魚の代表で

福井県・若狭地域では

2キロくらいまでをハマチ

5キロくらいまでをワラサ

それ以上をブリと呼んでおります。

 

北陸産で10kg前後、1mものが

美味しいブリの条件でございます。

 

 

日向漁港3

 

 

ブリ(鰤) は

スズキ目アジ科に分類される

海水魚の一種になります。

 

 

漢字名の「鰤(ぶり)」は

~~~~~~~~~~~~~~~~~

『師走』(12月)に脂が乗って旨くなる魚

『師』は大魚であることを表す

~~~~~~~~~~~~~~~~~

等の説があり

他にも身が赤くて「ブリブリ」しているから

といった説もございます。

 

 

標準和名「ブリ」については

江戸時代の本草学者である、貝原益軒さんが

「脂多き魚なり、脂の上を略する」

と語っており「アブラ」が「ブラ」へ

さらに転訛し「ブリ」となったとの事です。

 

 

『ひるが・福井県産』の寒ブリは

日向定置網組合が10kg以上の

寒ぶりにタグを付けて出荷しております。

 

 

ブリ・タグ付

 

 

ぶりと寒ぶりの違いは?(´・ω・`)

 

 

まず、ぶりは1年中取れます。

10kg以上で、12月~2月までのぶりを

「寒ぶり」と呼んでおります。

 

ぶりは春から夏にかけて北上し

冬には南下する回遊魚です。

 

寒ブリは

同属種のカンパチやヒラマサよりも

脂肪が多く

独特の風味がございます。

 

 

ぶりイラスト

 

 

料理法は幅広く

刺身、たたき、寿司

しゃぶしゃぶ、味噌漬け

焼き魚(照り焼き、塩焼き)

煮魚(ブリ大根)等で

食べられております。

 

 

出世魚で縁起が良い事もあり

西日本では、御節料理に

欠かせない食材とされております。

 

 

歳取り魚と呼ばれ

北陸から関西地方では

年末年始に食べる

文化がございます。

 

 

寒ブリ

 

 

 

PS~

 

当館「海のホテルひろせ」でも

旬の旬たる美味しさの

寒ブリをふんだんに使用した

お料理コースがございます。

 

 

冬の期間限定になりますが

若狭・寒ブリのお料理で

冬の旬味を堪能してみませんか?

 

 

ブリコース5

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る