三宅彦右衛門酒造『早瀬浦』北陸随一の男酒!

アイキャッチ

 

 

福井県は、若狭・美浜町にある

三宅彦右衛門酒造さんの『早瀬浦』は

全国水準から見ると、優しく柔らかい

味わいが特徴でございます。

 

 

これは、若狭の水質が

影響しているのかも知れません。

 

 

水

 

 

三宅さんでは、勿論

濃醇旨口タイプもございますが

それでも他の県より

穏やかな味わいになっております。

 

 

こちら若狭の「水」と「米」

そして、杜氏の技術によって

造り上げられた

旨い 『 お酒 』 でございます。

 

 

お米

 

 

三宅彦右衛門酒造さんは

享保3年(1718年)

の創業になるそうです。

 

 

飲み応えがあり、飽きず残らず

気取らない、旨いお酒をと

代々、引き継がれております。

 

 

早瀬浦1

 

 

蔵元のある若狭・美浜町の早瀬地区は

三方五湖と日本海をつなぐ

早瀬川を中心とした集落でございます。

 

蔵の近くになると、甘酒のような

麹の甘い香りが漂っております。

 

 

蔵

 

 

美浜町・早瀬地区は

古来から漁村として栄え

春には、子供歌舞伎を奉納したり

夏には、海を渡る神輿など

海で生きて来た人々の信仰の深く

かつては、北前船の寄港地でした。

 

 

早瀬・町並

 

 

 [ 早瀬浦・三宅彦右衛門酒造 ]

 

 

所在地

福井県三方郡美浜町早瀬21-7

 

お問い合わせ

0770-32-0303

 

 

こちらの酒蔵は

当館「海のホテルひろせ」から

お車で3分・徒歩で10分程の

近隣でございます。

 

 

三宅・玄関

 

 

若狭の銘酒『早瀬浦』は

香りは控えめです。

 

口当たりは滑らかで

食中酒にぴったりです。

 

上品な味わいの

早瀬浦はオススメの逸品です。

 

こちらの蔵や地元の風景が浮かぶ

そんな「お酒」でございます。

 

 

SONY DSC

 

 

そして、普通の醸造酒も

スッキリと美味しくて

地元集落の飲み会でも

人気でございます。

 

若狭の「海の幸」には

名水とお米と杜氏の技が醸した

地酒が良く合います。

 

 

当館「海のホテルひろせ」が

お客様に提供させて頂いているお酒は

こちらの三宅酒造さんから

直接仕入れている

「早瀬浦」がメインになります。

 

 

早瀬浦3

 

 

 

PS~

 

『春は夜桜、夏には星、秋は満月、冬には雪』

 

 

それで十分、酒は美味い・・・。

と言われておりますが

 

 

より旨く呑む為には

酒が恋しくなる「演歌」も必要では?

と私は思います。(´・ω・`)

 

 

 

★そんな動画(5:58)細川たかしさん「望郷じょんから」はこちらデス☟

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る