福井県・若狭地方の伝承「美味」料理◆浜焼き鯖◆外皮はカリッ!中肉はジューシー♪

アイキャッチ

 

 

若狭地方の伝承「美味」料理

◎ 浜焼き鯖 ◎

外皮はカリッ!中肉はジューシー♪

 

 

hamyakisaba1

 

 

福井県の若狭地方には

美味しい鯖(さば)料理が

伝承されておりますが

若狭地域で見られる

「浜焼き鯖」は全国的にも

有名でございます。

 

 

脂の乗った鯖を竹串等に刺して

一本丸ごと豪快に焼き上げ

生姜醤油や大根おろしで食すと

さっぱりとして格別の味ですよ。

 

 

焼き時間は

およそ15分から

20分程です。

 

 

hamayakisaba2

 

 

火の通りを良くする為の

切り目や焼き色

脂の落ち具合等を

見ながらじっくりと

焼き上げていきます。

 

 

焼き立ては勿論

冷めても充分に

美味しく食べられます。

 

 

それに、素焼きなので

一度に食べきれない時等には

別の味付けの料理としても

楽しむ事が出来ます。

 

 

hamayakisaba3

 

 

その昔、若狭湾で水揚げされた

様々な魚介類は若狭街道を経て

京の都まで運ばれておりました。

 

 

そして、それらの

魚介類は京の食文化も支え

福井は、神に供え天皇に捧げる

食べ物を供給する国

「御食国(みけつくに)」と

呼ばれました。

 

 

miketukuni

 

 

若狭湾で水揚げされた

魚介類は幾つもございますが

その一つが「鯖」です。

 

 

しかし、鯖は、他のモノよりも

腐敗が早い為

京へ運ぶ時は「一塩」するのが

常識だった様です。

 

 

この一塩が

京に到着する頃には

良い塩梅となり

鯖の美味しさを引き立たせた

と言われております。

 

 

saba

 

 

そして、いつしか

 

若狭から京へ

 

美味しい鯖が行き交う道として

 

若狭街道は

 

「鯖街道」と呼ばれる様になり

 

その若狭地方に伝わる

 

代表的な鯖料理が

 

浜焼き鯖になります。

 

 

 

★浜焼き鯖・動画(2:25)

 

 

 

 

PS~

 

浜焼き鯖から派生した

『焼き鯖寿司』

これもホントに旨いです!

 

 

黄金色になるまでじっくり網焼きした

香ばしい肉厚の「鯖」

澄んだ空気と水で育った

もっちりとした食感の「シャリ」

鯖の香ばしさと

酢飯の酸味が相まって

格別な美味しさを醸し出しますよ。

(#^.^#)

 

 

yakisabasusi

 

 

[サバずしマップ]

 

福井県小浜市と若狭町

滋賀県高島市で作る

「鯖街道まちづくり連携協議会」が

このほど、3市町のサバずしを

取り扱っている店を紹介する

マップを作製しました。

 

 

作ったマップはA4判で

サバずしを販売している

3市町の約40店を

紹介している他

鯖街道やサバずしに関する

説明も記載しております。

 

 

本年度内に

約1万部が3市町の

道の駅等に

置かれております。

 

 

map

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る