北陸福井県は若狭高浜◆新宮神社◆町指定天然記念物のイチョウとムクロジ

新宮神社2

 

 

北陸福井県は

大飯郡

若狭高浜町にある

新宮神社』は

(しんぐうじんじゃ)

若狭和田駅の

北1km程の辺り

和田港を見下ろす

やや高い所に

鎮座しております。

 

 

 

 

海岸近くの神社ですが

 

境内には

 

高浜町指定天然記念物」の

 

イチョウムクロジ

 

天を衝くように生い茂り

 

落ち着いた雰囲気の

 

由緒ある神社でございます。

 

 

 

 

敷地内から伸びる

 

長い階段を登ると

 

愛宕神社

 

辿り着きます。

 

 

 

 

[新宮神社]

 

所在地

福井県大飯郡若狭

高浜町和田131-2

 

お問い合わせ

0770-72-0527

 

交通アクセス

北陸本線JR高浜駅より

約3㎞

 

 

新宮神社は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約90分の

場所でございます。

 

 

Map

 

 

[伝説民話]

 

神社の始まりは

何らかの

「言い伝え」が

ございます。

 

 

これは

新宮神社』が

出来た時の

お話になります。

 

 

 

 

康治(こうじ)元年(1142)

十一月十三日の事である。

 

 

村の漁師が

いつものように

海へ出て

舟で網を打っていると

重い石のようなモノが

網にかかった。

 

 

 

「こりゃ、重いぞ」

Σ(゚д゚;)

 

 

 

力いっぱい

引上げようとしたが

なかなか

上がってこない。

 

 

それでも

無理に網を

引っ張っていると

にわかに辺りが

暗くなってきた。

 

 

静かで

どことなく

重々しい

感じがする。

 

 

いつもと違う

光景に

漁師はすっかり

怯えてしまった。

 

 

 

そのまま

漁を続ける事も

できず

思い切って

網はそのまま

捨てて

家に逃げ帰って

きてしまった。

 

 

 

次の朝

捨ててきた網を取りに

こわごわ

その場所へ行ってみると

何かが

網に掛かっていた。

 

 

よくみると

石ではなく

古木で作られた

ご神体であった。

 

 

それを見て

漁師は

村に戻った。

 

 

 

「わしの網に

ご神体が

掛かっている。

みんな一緒に

見にきてくれや」

(‘A`)

 

 

 

「ほんとに

ご神体かね」

(´・ω・`)

 

 

 

「まず

いって見ようや」

(゚Д゚)ノ

 

 

 

村のみんなは

網のところまで

やってきた。

 

 

 

「ほう、ありがたや

ありがたや」

(m´・ω・`)m

 

 

 

ご神体である事が

分かって

みんなは

おそれかしこんだ。

 

 

そして

早速ご神体を

村の本郷庄司氏宅へ

(ほんごうしょうじ)

持ち込んで

ここで

お祀りしたのだった。

 

 

 

 

それを伝え聞いた

村人たちが

朝早くから夕方まで

絶え間なく

訪れてはお参りした。

 

 

漁師たちは海から

大きな石を取り寄せ

門に立てて

鳥居になぞらえた。

 

 

 

そして

お百姓たちは

浜から砂を運んで

敷地内を清めた。

 

 

 

村人たちは

毎日の参拝を

一人として

忘れるものは

いなかった。

 

 

 

こうして

次の年の

康治二年

二月十四日

愛宕山のふもと

に社を建て

ここに

ご神体をおまつり

するようになった。

 

 

 

 

~~~~~~~

それが

新宮神社』の

始まりである

との事です。

~~~~~~~

 

 

 

 

なんでも

この『新宮神社』が

出来た事によって

村人の信心は

ますます深まり

村は前にもまして

平和に

なったそうです。

 

 

ご神体が

上がった場所は

「新宮谷」と

呼ばれておりますよ。

 

 

新宮神社5

 

 

PS~

 

そして

毎年10月14日に

こちらの

新宮神社で催される

例祭では

神社境内に露店

そして街中には

神輿や山車

巡行します!

 

 

例祭当日は

この地域の

小学生から高校生迄の

子供達

太鼓やピアニカで

バチ捌きや演奏を

披露してくれます。

 

 

 

★若狭『新宮神社

例祭動画(2:57)☟

 

 

 

新宮神社内へ

全部の神輿

山鉾、山車が入り

お祓いを経て

神楽と浦安の舞い

そして

古者獅子による

俸納の舞いの儀を

終えると

足洗いです。

 

 

フィナーレ

足洗いでは

各山車持ちが

一斉に海に入り

順番に神輿が

海へ突入します。

 

 

足洗い

 

 

海の中で

神輿同士で暴れて

合図で

海から引き上げます。

 

 

新宮神社例祭

これにて

終了となり ます。

 

 

この日

和田地区は

一日中

賑わいますよ♪

 

 

例祭

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る