高級魚『若狭ぐじ』漁!本日12月1日(土)18:30~日本TVにて放送「満点☆青空レストラン」

アイキャッチ

 

 

本日、12月1日(土)18:30~日本TVにて放送

満点☆青空レストラン』の舞台は

こちら、福井県・若狭・小浜市でございます。

 

 

「宮川大輔」さんと

ゲストの「スザンヌ」さんが

高級魚『若狭ぐじ』漁に

出るそうです!(゚Д゚)ノ

 

 

★「満点☆青空レストラン」予告編動画(0:40)は、こちらデス☟

http://www.ntv.co.jp/aozora/movie/index.html

 

 

 

 

[ 京料理の高級食材として珍重される☆彡若狭ぐじ ]

 

 

 

 

若狭湾で獲れるアカアマダイは

若狭ぐじ』と呼ばれ

和の最高級食材でございます。

 

昔から、若狭ぐじは

ひと塩し鯖や若狭がれい

とともに京の都に鯖街道を通って運ばれ

若狭もの」として

京料理では欠かすことができない

食材とされてきました。

 

 

 

 

暖流寒流の交わる

若狭湾でその身がもまれ

良質の餌を食べて育つ為

脂が乗った大きな身となります。

 

淡泊で香りの良い味

高級感」を感じます!

 

 

 

甘鯛の日本における地方名は・・・

 

静岡では「オキツダイ」

京都・舞鶴では「グジ」

大阪・福岡・壱岐では「クズナ」

山陰地方では「コビリ・コビル」

愛媛では「スナゴ」

 

・・・と呼ばれております。

 

 

 

いずれも全長は20~60cmほどで

体は前後に細長く、側扁しております。

 

頭部は額と顎が角張った方形で

目は額の近くにあります。

 

体表は鈍い光沢のある鱗に覆われ

体色はピンク色赤褐色

腹側は白色になります。

 

 

 

 

甘鯛は、浅い海から水深300mくらいまでの

砂泥底に巣穴を掘って生息しております。

 

主に、小魚・甲殻類・多毛類など小動物を

捕食すると言われております。

 

日本では

底引き網、延縄、釣り等で

漁獲されております。

 

 

 

 

 

PS~

 

甘鯛は、刺身にはあまり利用せず

水分を飛ばして風味を付け

焼魚や干物等の料理法が一般的です。

 

また(うろこ)も食べることができ

鱗を落とさずに焼く

鱗焼きという調理法もあります。

 

この焼き方を「若狭焼き」と呼び

若狭地方・独特の料理法になります。

 

他にも酒蒸し、粕漬け、味噌漬け、ワイン煮等

様々な料理法で食されております

 

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る