戦国時代!信長・秀吉・家康が勢揃いした敦賀の地『金ヶ崎城跡』

敦賀湾

 

 

戦国時代!

信長秀吉家康が勢揃いした

敦賀の地 『金ヶ崎城跡』

 

 

金ヶ崎城(かながさきじょう)は

福井県・若狭・敦賀市・金ヶ崎町

にあったお城になります。

 

別名・敦賀城(つるがじょう)とも

呼ばれております。

 

 

 

 

延元元年(1336年)恒良

尊良両親王を守護した新田義貞が

足利軍と戦った古戦場になります。

 

戦いは激しさを極め

尊良親王ら300人は籠城から半年後

城に火を放ち自害しました。

 

中腹の金崎宮には

両親王が祀られています。

 

 

 

 

『金ヶ崎城跡』は

敦賀湾を一望する小高い山にある為

眺めも良く桜の名所としても

知られております。

 

そして、戦国武将達の

ターニングポイントとしても

名高い場所です。

 

金ヶ崎城は『太平記』では

「かの城の有様

三方は海によって岸高く

巌なめらかなり」

とあり、この地が

天然の要害の地であった事が

記録されております。

 

 

 

 

また、この地には

戦国時代の

「つはものども」の気迫を

今に伝える

数々の逸話

残っております。

 

 

 

・・・時は元亀元(1570)年4月。

 

朝倉義景討伐を企てた

織田信長が

越前に攻め入ろうとしたその時

近江浅井氏裏切りの報が。

 

窮地に陥った信長だったが

金ヶ崎城でしんがりを努めた

木下籐吉郎(豊臣秀吉)の活躍で

無事帰京できた

という姉川の合戦で

浅井・朝倉連合軍を敗った信長

 

そして、その信を受け

天下取りの道を進んだ秀吉

 

さらに、秀吉のしんがりを助け

後に謝意を受けた徳川家康

 

・・・この様な一連の

金ヶ崎城をめぐる出来事が

あった様です。

 

 

 

それ故

戦国武将達にとって

天下取りへの

ターニングポイント

だったと

されております。

 

 

 

 

所在地

福井県敦賀市金ヶ崎町 1-1

 

お問い合わせ

金崎宮社務所

0770-22-0938

 

交通アクセス

●自動車の場合

北陸自動車道・敦賀ICより約10分

●公共交通機関の場合

JR敦賀駅より

コミニュティバス「海岸線」で

約7分

「金崎宮口」停留所下車

徒歩で約5分

 

 

 

 

 

PS~

 

金ヶ崎城跡の麓(ふもと)には

足利氏と新田義貞の戦いで

城の陥落と共に

捕縛された恒良親王と

新田義顕と共に

自害した尊良親王を祀った

金崎宮(かねがさきぐう)が

ございます。

 

こちらは

恋の宮桜の名所と呼ばれ

難関突破開運招福

ご利益がある事でも

有名ですよ。

 

 

 

 

 (写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る