若狭・敦賀市◆ヤマトタカハシ昆布館◆昆布の全てを紹介する博物館

アイキャッチ

 

 

北陸福井県は

若狭敦賀市の

ヤマトタカハシ昆布館は

昆布の全てを紹介する

ミュージアム

 

 

昆布館1

 

 

 

敦賀昆布館では

スーパーシアターや

100種類以上もの

オリジナルの

商品がございます。

 

 

入口付近では

イメージキャラクターの

こんぶくんが

出迎えてくれますよ。

 

 

こんぶくん

 

 

 

◎―――――――

なぜ昆布が

敦賀市の

特産なのか?

―――――――◎

 

 

その昔

北前船の時代に

若狭・敦賀港は

寄港地の一つであり

京や大阪の

北の玄関として

賑わってきました。

 

 

様々な物資が行き交い

集積された物資の中で

代表的なのが昆布です。

 

 

今の北海道である

蝦夷や松前の昆布は

敦賀へと運ばれ

熟練の職人達により

加工されました。

 

 

北前船

 

 

 

これが敦賀特産の

昆布として

上方へ

運ばれました。

 

 

江戸時代後期の書物

「日本山海名産図会」にも

記されております。

 

 

現在でも

敦賀特産の昆布は

京都や大阪

多くの高級料理店に

昆布ダシとして愛用され

日本料理の

味の土台を

支えておりますよ。

 

 

昆布出汁

 

 

 

◆――――――

海藻&昆布

について

――――――◆

 

 

海草と海藻

呼び方は同じですが

実は

違う植物になります。

 

 

海草とは

海中に生える

顕花植物の

(種子植物)

事です。

 

 

地上の

種子植物同様

花を咲かせて

実を結び

種子によって

繁殖します。

 

 

海草

 

 

 

これに対して

海藻は海に生える

藻類の総称です。

 

 

花は咲かず

胞子によって

子孫を

増やします。

 

 

海藻の多くは食用とされ

昆布も

この海藻に含まれますよ。

 

 

海藻

 

 

 

なんでも・・・

 

~~~~~~~~~~~~~

 

ロシアでは

 

昆布は

 

「海のゴミ」と扱われ

 

勿体ないコトに

 

ほぼ捨てられている為

 

それを好んで食べる

 

日本人は

 

不思議がられている

 

~~~~~~~~~~~~~

 

・・・みたいですね。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

昆布には豊富な

食物繊維・鉄分

カルシウムが

含まれております。

 

 

その為

健康食品として

高い人気を

誇っております。

 

 

余談になりますが

1908年に

池田菊苗さんが

古来から使われている

昆布の旨み成分が

グルタミン酸である事を

発見し

これが旨味調味料の

「味の素」になった

との事です。

 

 

味の素

 

 

 

[敦賀ヤマトタカハシ昆布館]

 

 

◆所在地

福井県敦賀市坂ノ下

小河田3-1

 

◆営業時間

AM9時~PM17時

 

◆お問い合わせ

0770-24-3177

 

◆交通アクセス

北陸本線JR敦賀駅から

お車で約5分

 

 

敦賀ヤマトタカハシ

昆布館は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約25分の

場所でございます。

 

 

マップ

 

 

 

PS~

 

 

若狭敦賀市の名所である

ヤマトタカハシ昆布館では

昆布加工作業の見学や

様々な

昆布製品の試食が可能です。

 

 

酢昆布

とろろ昆布

おつまみ昆布

そして

昆布を使った飴

チョコ・ゼリー

なんかも

ございます!

 

 

試食コーナー

 

 

 

オススメは

昆布茶と昆布ソフトクリーム

になります。

 

 

昆布茶は無料サービスで

なかなかに旨く

昆布ソフトクリームは

バニラと昆布の風味が

ちょっと珍しい一品です。

 

 

こちらに訪れると

口の中が

かなり昆布と

なってしまいますが

美味で

体に良い

スポットですよ♪

 

 

昆布ソフト

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る