福井県指定郷土工芸品◆若狭うるしだるま◆厄除け・魔除け・合格祈願

アイキャッチ

 

 

◎―――――

「だるま」

について

―――――◎

 

 

 

だるまは・・・

 

~~~~~~~~~~~

 

起き上がり玩具の一種で

達磨(だるま)はインド人。

 

だるまの赤は

厄除け・魔除けの色。

 

縁起物として

愛されており

日本の伝統工芸。

 

~~~~~~~~~~~

 

・・・になります。

 

 

 

だるま1

 

 

 

そんな

 

日本発祥の

 

伝統である

 

だるまから

 

派生した

 

若狭地方だけ

 

伝わる

 

工芸品が

 

ございます。

 

 

 

 

 

昔、陸路が

整備されていなかった頃は

海路が

人・文化・物資を運ぶ道

でした。

 

 

若狭は

京や奈良の都が

近かった為

多くの船が寄港

沢山の技術が

若狭小浜に

伝えられました。

 

 

その1つが

漆達磨(うるしだるま)

になります。

 

 

 

 

 

◆―――――

福井県指定

郷土工芸品

若狭漆達磨

―――――◆

 

 

 

昭和42年に

考案されたこの製品は

漆のかたまりで

漆特有の強さと

優雅な光沢を持ち

同形のものは

一つとなく

変化に富んだ

独特の配色形態は

高い評価を

受けております。

 

 

以前に福井県の

小浜市が

米大統領選の

民主党候補者

バラク・オバマ氏

必勝祈願の

「うるしだるま」

送った事も

ございますよ。

 

 

 

 

 

漆だるま

いろんな色のうるし

「なんじゅう」にも

重ねて

1つの塊にして

それを削ったり

研磨をしたりして

形をととのえ

最後に

だるまさんの

お顔を書いて

出来上がりです。

 

 

結構

手間のかかる代物

です。

 

 

意外とどっしり

していて

ころばない

だるまなので

合格だるまとしての

人気もございます。

 

 

 

 

 

若狭小浜市にある

塚本民芸センターでは

若狭漆達磨の

絵付け体験が可能デス。

 

 

もともと一つとして

同じ形がない

漆だるまですが

更に自分で

好きな顔を描けマス。

 

 

オンリーワンの

工芸品

ならではの

想いで作りが

お楽しみ

頂けますよ!

 

 

塚本民芸センター

 

 

 

[塚本民芸センター]

 

 

◆所在地

福井県若狭小浜市

福谷8-29-8

 

 

◆開館時間

AM9時~PM18時

 

◆定休日

水曜日

 

◆体験料金

絵付け体験

@1000円

~~~~~~~~

絵付け体験には

事前の予約が

必要となります。

~~~~~~~~

 

◆お問い合わせ

0770-52-2590

 

◆駐車場

5台(無料)

 

◆交通アクセス

北陸自動車道小浜ICより

お車で約10分

北陸本線JR小浜駅より

あいあいバス福谷下車

徒歩にて約3分

 

 

塚本民芸センターは

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約40分の

場所でございます。

 

 

map

 

 

 

PS~

 

 

私は小学生ぐらいの頃

学校の授業で

うるしだるまを作りました。

 

 

現在は無くして

(^^;)

しまいましたが

 

 

私を含め

若狭地域で育った

多くの人達は

おそらく

うるしだるまを

作った事があると

思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけネ

(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 「うるしだるま」とは

全く関係ないのですが

 

 

なんかいいなぁ!

 

 

と思った動画を

シェアさせて頂きました。

 

 

もし良かったら

見て下さいませ。

 

 

きっと癒されると

思いますよ♪

 

 

 

★だるまさんが転んにゃ

①動画(1:14)

 

 

 

★だるまさんが転んにゃ

②動画(1:30)

 

 

 

最後まで見て頂き

ありがとうございました。

<m(__)m>

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る