冬の味覚の王様◆とらふぐ◆若狭の海で育った若狭河豚

ふぐ

 

 

【冬の味覚の王様!とらふぐ】

 

 

若狭の海で育った「とらふぐ」

潮流の良い若狭湾の

自然に近い環境で育てられております。

 

 

 

 

ふぐ

日本名で「河豚」と書きますが

「豚」と書くのは

この体型を指しているのではなく

ふぐは身の危険を感じる

豚のような鳴き声を発することから

「豚」の文字が当てられています。

 

 

以前・・・

当館の板場さんが

河豚(ふぐ)を、さばいるのを

見ていたのですが

その時は、本当に

「ぷぎゅー、ぷぎゅー!」って

・・・鳴いていましたよ!

ヽ(´Д`;)ノ

 

 

 

★「フグのさばき方」

動画(1:24)は、こちらです☟

 

 

 

ふぐは、歯(顎歯)がよく発達しており

これが融合した強靭な4つの歯を持ちます。

 

若狭の海で育ったおいしい

「とらふぐ」は、平成17年に商標登録されました。

 

しかし、歴史は意外と古く

昭和29年に福井県高浜の定置網に入った

とらふぐの畜養がきっかけの様です。

 

若狭ふぐは、環境の良い畜養により

身の締りや大きさなどは格別です。

 

 

 

 

 

PS~

 

ふぐ料理は、一般的に高級料理として

旬の冬場に食べられてます。

 

関西では「当たれば死ぬ」ことより

「テッポウ」(鉄砲)もしくは

これを短くした「テツ」と呼んでおります。

 

てっさ(てっぽうのさしみ)」

てっちり(てっぽうのちり鍋)」

てっぴ(てっぽうの皮)」

 

という料理名は

ここから来てるそうですよ。

 

 

 

 

 (写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る