福井県は若狭・三方五湖の風土から生まれた◆天然うなぎ◆口細の青い鰻

アイキャッチ

 

 

三方五湖の環境で育った

◎ 若狭 口細青鰻 ◎

身はしっとり 皮はパリッ

 

 

unagi5

 

 

海の幸に恵まれた若狭ですが

三方五湖もまた

新鮮な食材の宝庫でございます。

 

 

有名なのが

三方五湖の一つである

三方湖でとれる

「天然ウナギ」になります。

 

 

養殖とは

ひと味もふた味も違う

脂がのり

舌の上に何とも言えぬ

幸福感を

もたらしてくれます。

 

 

unagi3

 

 

三方五湖に生息する

天然ウナギは

青みがかっている事から

「口細青うなぎ」と

呼ばれております。

 

 

身が厚く

たっぷりと脂が乗っていて

それでいて

しつこくないのが特徴です。

 

 

unagi1

 

 

そもそも、ウナギは

高タンパクで消化も良く

日本料理の

重要な食材です。

 

 

皮に水の臭いやエサの臭いが

残っている為

天然、養殖を問わず

綺麗な水に1日~2日入れて

臭みを抜いたモノを

料理するのが通常です。

 

 

これは

泥抜き・臭み抜きと

呼ばれております。

 

 

unagi4

 

 

夏バテを防ぐ為に

ウナギを食べる習慣は

日本では大変古く

「万葉集」にまで

その痕跡を遡ります。

 

 

そして「むなぎ」の名は

ウナギの古形とも

言われておりますよ。

 

 

unagi6

 

 

 

PS~

 

この福井県の若狭地方は

 

鰻(うなぎ)の産地である

 

と同時に

 

梅干の産地でもあります。

 

 

umebosi

 

 

古くから

「鰻と梅干は食い合わせが悪い」

とされており

食禁の代表的な例として

挙げられております。

 

 

しかし、貝原益軒の

「養生訓」にも

この様な記載は無く

江戸時代中期以降に広まった

日本固有の「俗信」と

考えられている、との事。

 

 

unagi_umeboshi

 

 

少なくとも、現時点では

科学的な根拠は

見出せない、みたいですよ。

(;^ω^)

 

 

むしろ鰻と梅干は

組合せの相性が良く

栄養価も高くなります。

 

 

良くないとされる

食い合せ中毒表は

こちらデス ☟

 

 

kuiawase

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る