自然の風味と色合いを大切にした◆若狭の梅干し◆種が小さく果肉が厚い

アイキャッチ

 

 

自然の風味と色合い

◎若狭の梅干し◎

種が小さく果肉が厚い

 

 

ume3

 

 

 

梅干しや梅酒と言えば

圧倒的に和歌山の

イメージが強いのですが

福井・若狭の梅干しも

良い品でございます。

 

 

三方五湖沿いで

生産される若狭の梅は

日本海側一の

生産量になります。

 

 

それに福井梅は

「大相撲優勝力士」に

授与されたりも

しております。

 

 

ume2

 

 

 

昔ながらの土づくりから

始めて・・・

~~~~~~~

梅の収穫

塩漬け

紫蘇漬け

土用干し

~~~~~~~

・・・という当たり前の

美味しさが自慢デス。

 

 

そんな

若狭の梅は・・・

~~~~~~~~

種が小さく

果肉が豊か

ほど良い酸味で

~~~~~~~~

・・・梅干しに

最適の梅となりマス。

 

 

果肉が崩れにくく

ムッチリとした

食感になりますよ。

 

 

ume1

 

 

 

そして昔から薬効があると

重宝がられております。

 

 

梅干しは

強アルカリ性の食品で

浄血作用・解毒作用が

ある為

食欲増進・疲労回復・下痢

老化防止等に

効果がございます。

 

 

勿論、梅酒にも

「食欲増進」「疲労回復」等の

効果がございます。

 

 

ume5

 

 

 

そもそも梅の発祥は

中国と

言われております。

 

 

奈良時代には既に

日本で

栽培されていた様です。

 

 

戦国時代において

梅干しは

保存食としてだけでは無く

傷の消毒や戦場での

食中毒

伝染病の予防に

無くてはならないモノと

なっていたそうです。

 

 

合戦中の休息に

梅干しを見る事で

唾液分泌を促進させ

息切れを防ぐ

目的にも

使われたとの事。

 

 

ume6

 

 

 

それ故、梅干しは

戦略物資の一つとなり

武将たちは

梅の植林を奨励したとも

言われております。

 

 

これは現在でも

梅の名所や

梅干しの産地として

残っております。

 

 

上杉謙信は

酒の肴として

梅干しを取っていた

みたいですよ。

 

 

UesugiKenshin

 

 

 

PS~

 

 

ちなみに

三国志にも

「梅の話の故事」が

出てきます。

 

 

sanngokusi

 

 

 

それは曹操が・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

苦しい行軍をしている時

兵隊たちが

ノドが渇いて水を欲しるが

水はない。

 

そこで、曹操が

「少し先に梅の林がある。

思う存分、梅を取って食べよ。

それまで辛抱せよ。」

と、言いました。

 

すると、兵隊たちは

梅の酸っぱさを思いだし

そのうちに

ノドの渇きがおさまった。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

・・・というお話です。

 

 

ume7

 

 

 

現在は減塩傾向で

 

酸っぱくない梅干しが

 

増えている様ですが

 

やっぱり梅干しは故事でも

 

「酸っぱ~ぁ!」(´ε`;)

 

かった様ですね。

 

 

ume4

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る