北陸は福井県に春の訪れを告げる小魚◆いさざ◆若狭の名物食材デス!

アイキャッチ

 

 

北陸福井に春の訪れを告げる小魚

若狭の名物食材 ◎ いさざ ◎

卵とじ・揚げ物・踊り食いが美味♪

 

 

isaza1

 

 

「いさざ」とは

春の訪れを報せる小魚で

若狭の名物食材です。

 

 

知る人ぞ知る

都市圏に人気の高い

小魚でございます。

 

 

福井県の若狭地方では

水がぬるむ3月頃になると

産卵の為に川を上ってくる小魚

「いさざ漁」が始まります。

 

 

isaza2

 

 

イサザは

スズキ目ハゼ科に属する魚で

図鑑などに出てくる名前は

シロウオです。

 

 

全長が4cm位

腹に斑点があるが

全身が

透き通って見えます。

 

 

生きたイサザを

ポン酢・酢醤油等で食べ

その喉ごしを楽しむ

「おどり食い」が有名ですが

卵とじや揚げ物も

絶品ですよ。

 

 

isaza3

 

 

いさざは

テント状の網を湖面で上下させる

伝統的な「四つ手網漁」や

袋網の漁法で水揚げされます。

 

 

産卵の為に上る川は

川底の綺麗な清流ですが

水質の汚濁等で

全国的に良好な生息環境が

減ってきている事もあり

北陸のいさざは

都市圏の高級料理店でも

珍重されております。

 

 

isaza4

 

 

 イサザ漁は

3月1日に解禁です。

 

 

3月2日に

奈良東大寺二月堂の

お水取りに先駆け行われる

「お水送り」と同じく

若狭の春を告げる

伝統的な

風物詩となっております。

 

 

イサザ漁のピークは

3月下旬で

桜花の開花と共に

終演となります。

 

 

 

★イサザ漁・動画(1:20)

 

 

 

河口で、四ツ手網を仕掛け

いさざが通りかかると

網をサッと

上げなければなりません。

 

 

ボラ待ちやぐら漁と同じく

待つ事が大切との事ですよ。

 

 

isaza5

 

 

◎ イサザの躍り食い ◎

 

生きの良い、イサザに

「わさび醤油」又は「ポン酢」をかけ

口の中でイサザが躍るのを

そのまま、食します。

 

 

ドジョウよりも小さく

メダカよりも細長い

イサザがポン酢の中で

ビシャビシャ泳ぎ

口中でモニョモニョする

その感触を楽しみつつ

一気に ヽ(`Д´)ノ

喉に流し込む!

 

 

ちょっと

可哀想な気がしますが

イカの糸造りに似た

新鮮な旨味が

口に広がりますよ。

 

 

isaza6

 

 

[若狭いさざ漁]

 

◆旬の時期

3月上旬~下旬

 

◆料理方法

酢醤油・踊り食い

卵とじ・揚げ物

 

◆主な場所

福井県若狭小浜市南川付近

 

◆交通アクセス

北陸本線JR小浜駅より

お車で、約20分

 

 

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で、約20分の場所でございます。

 

 

isaza7

 

 

 

PS~

 

あの鳥山明さんの

短編漫画「カジカ」にも

イサザという名前の

登場人物が出てきました。

 

 

ちなみに

カジカに出てくる

イサザは

あらゆる仕事を請け負う

世界一の仕事屋

そして殺し屋です。

(;^ω^)

 

 

ドラゴンボールで言うと

ベジータ的な役割かな?

 

 

kajika

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る