北陸福井県は「らっきょう」の特産地!コリコリの◆花らっきょう◆三里浜砂丘地に咲く、らっきょうの花♪

アイキャッチ3

 

 

北陸福井県の三里浜は

らっきょうの特産地

コリコリの花らっきょう

 

 

 

 

 

今回は

福井県の特産品で

コリコリとした

食感が堪らなく

クセになる美味しさ

シャキッとした

歯応え

すっきりとした甘酢味

そんな

花らっきょうの

ご紹介を

させて頂きます!

(^^)

 

 

花らっきょうは

福井県北西部に

位置する

砂丘地帯

三里浜で栽培

されております。

 

 

 

 

 

明治初期

砂の飛散を防ぐため三里浜で

自給の作物として栽培したのが

始まりです。

 

 

3年間

福井県北西部に位置する

砂丘地帯

三里浜で育てられ

光沢があり

純白で歯切れの良さ

特徴です。

 

 

 

 

小粒で繊維が細かく

身も締まり

風味もまろやかな

人気の品なんですよ。

(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

◎そもそも、らっきょうとは?◎

 

 

~~~~~~~~~~~~~

らっきょう はユリ科の

(ネギ科する場合もある)

多年草野菜です。

~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 別名「オオニラ」

「サトニラ」とも

呼ばれております。

 

 

らっきょうは

種ができないので

もっぱら

地下の球で増えます。

 

 

品種は極めて少なく

八房、らくだ、玉らっきょう等

数種あります

 

 

 

◎カレーライスの名脇役◎

 

 

日本で代表的な

甘酢漬けのらっきょうは

カレーの薬味

欠かせません。

 

 

 

 

東南アジアでも

塩と酢で漬け

カレーと共に

食べられます。

 

 

中国では

漬物の他に

生食され

台湾では

煮ものにも

用いられます。

 

 

そして、昔は

薬用として

食されました。

 

 

日本では

9世紀頃からの

書物に記載

ありますが

当初は薬用に

供されたと

みられております。

 

 

らっきょうはにんにくに

含まれている物に似た

硫黄化合物を

含んでおり

食欲増進の他

発汗、消炎、制菌等

作用があります。

 

 

 

~~~~~~~

若どりらっきょう

エシャレット

エシャロット

~~~~~~~

 

 

 

土寄せ軟白した

葉つき

若どりらっきょうが

生食用に

エシャレットという名

出荷されております。

 

 

エシャレット又は

エシャロットという

名前で

よく混同されます

 

 

本来の

エシャレットあるいは

エシャロットは

球根性の野菜

ワケギや小型のタマネギと

よく似ております。

 

 

 

 

 

◎花らっきょうは白色美人◎

 

 

らっきょうは通常

植えつけて

2年目に収穫します。

 

 

花らっきょうの収穫は

植えつけの翌々年。

 

 

色白で肉質の

しまった小球

数多くとれます。

 

 

 

 

最近では2年目でも

小球が能率よくとれる

九頭竜(くずりゅう)という

改良種も

登場しております。

 

 

 

 ◎3年堀の花らっきょう◎

 

 

らっきょうの栽培は

8月中旬から

9月中旬に

植え付けを行い

翌年の

6月~7月に

収穫するのが

通常ですが

3年掘では

収穫を

更に1年遅らせ

2度

冬を越させます。

 

 

ラッキョウは

1年で6~7球に分球し

その度に皮が薄く

繊維が細かくなり

身も締まります

 

 

 

 

3年掘の花らっきょは

分球サイクルが多い分

小粒で歯切れが良く

風味もまろやかになります。

 

 

 

◎花らっきょうの由来◎

 

 

「端(はし)」を福井弁

「はな」と言います。

~~~~~~~~~

ちなみに「両端」は

「両はな」となります。

~~~~~~~~~

 

 

その根と茎の両端を

「切り落とす」事を

福井弁で

「はなを切る」

言います。

 

 

そこから

「花らっきょう」の

語源になったと

言われております。

 

 

 

 

 

◎花らっきょうの収穫◎

 

 

6月~7月に行われる収穫は

大変厳しい作業になります。

 

 

砂丘地の為

畑には

さえぎるものがなく

気温が

30度を越える

炎天下

上からは太陽

下からは砂が

焼け照り返しが

ある中で

作業を行います。

 

 

また収穫が

7月後半に終わると

8月の後半から

9月にかけては

植付け作業

なります。

 

 

シャキシャキとした

花らっきょが食べられるのは

農家の美味しい花らっきょを

食べてもらいたいという

愛情と苦労の賜物です。

 

 

 

 

 

◎らっきょうの粗漬け作業◎

 

 

収穫後

根と茎を切り落とし

塩漬けされます。

 

 

塩漬けが終われば

再度上下の部分をカットし

脱塩を兼ねて

粗漬けの作業に入ります。

 

 

 

 

 

◎花らっきょうの本漬け◎

 

 

粗漬け後

実の締まったらっきょうを

蜂蜜入りの

独特の味で漬け込みます。

 

 

三里浜砂丘地にある

らっきょうの花は

道の駅三国の

すぐ近くにあります。

 

 

 

 

[福井の花らっきょう]

 

◆所在地

福井県坂井市三国町山岸

67-3-1

 

◆お問い合わせ

0776-81-6392

 

◆交通アクセス

名勝東尋坊から

越前海岸へ抜ける

国道305号線沿い

北陸自動車道

丸岡ICから車で約25分

JR芦原温泉駅から

車で約15分

 

 

福井県の三里浜は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約2時間の

場所でございます。

 

 

 

 

 

 

PS~

 

福井県三国町

三里浜砂丘地には

「らっきょうの花」が

咲きます。

 

 

らっきょの花って

見たコトありますか?

(´・ω・`)

 

 

福井県三国の

砂丘に広がる

らっきょ畑は

10月下旬から

11月中旬頃になると

海岸線一面に

見事な

らっきょうの花が

満開になります。

\(^o^)/

 

 

この景観は三国の

風物詩と

なっておりますよ。

 

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る