福井の自然モチーフ色々♪敦賀市を象徴した3つのエリアで遊びながら学ぼう!

aikyati

【自然をモチーフにした3つのエリアで遊び学ぶ】

 

福井県は敦賀市に天候や季節を問わずに楽しめる施設「キッズパークつるが」が敦賀アクアトムの1階に家族層を中心に楽しんで頂ける中心市街地の拠点として2017年3月26日にオープンしました!

 

キッズパークつるがは、未来を担う子ども達の心身を豊かに生きる力を育む為、国内最大級の規模を誇る5層構造の大型ネット遊具などを中心として、敦賀の自然をモチーフに様々な「あそび」や「まなび」を体験できる敦賀市初の大規模屋内子ども広場です。

 

敦賀市の豊かな自然を象徴する「野原」「山」「海」の3つのエリアがあり、乳幼児から小学生までの子どもが年齢に応じた遊びと学びを楽しむコトが可能ですよ♪

 

kizzupa-ku1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【キッズパーク敦賀でお勧めの⑤大遊具】

 

①スーパーコクーン

日本最大級のまゆがたネット遊具「スーパーコクーン」は、キッズパークつるがのシンボルとなる国内最大級の規模を誇る5層構造の大型ネット遊具です。カイコの繭(コクーン)をイメージした形状で、内部は「海・大地・野原・空・宇宙」までの世界観を表現し、上り下りする事で子供の身体能力を鍛え、想像力を広げる遊具になっております。3層目からは大型チューブ滑り台で滑り降りる事が出来ます。

 

②ちゃれんじウォール

山エリアのシンボルとなるクライミングウォールです。傾斜した壁に取り付けられた、動植物の形をした色とりどりのホールド(取っ手)をつかんで左右に移動します。難易度に応じて5つのルートが設定してあり、子どもの成長に応じて楽しむことが出来マス。

 

③シューティングプール

様々な海の生きものを描いた壁面にバスケットゴールを設置したボールプールです。たくさんのボールの中で体を動かしたり、バスケットゴールへのシュートに挑戦したりして遊ぶことが可能デス。

 

④つるがまなびのき

敦賀の自然を学ぶ「野原」「山」「海」の3つのエリアそれぞれに設置された敦賀市の豊かな自然について学べるコーナー。中池見湿地や野坂岳、気比の松原などの環境や、動植物、四季の特徴を解説するパネルクイズや玩具の展示によって、自然の魅力を楽しめる。

 

⑤よちよちはらっぱ

0歳から2歳(0か月から24か月)の乳幼児の為のコーナー。敦賀市の野原で見られる渡り鳥やトンボなどの特徴的な動植物をカラフルに描いた壁面に囲まれながら、クッション遊具やままごと玩具などで遊べますよ。

 

super_cocoonkizzupa-ku4

(写真はGoogle画像検索より)

 

【アクアトム正面玄関前キッズパークつるが】

 

◇所在場所・・・福井県敦賀市神楽町2-2-4(アクアトム前)

◇営業時間・・・AM9時~PM17時(毎週水曜日が休館日)

◇対象年齢・・・乳幼児から小学生

◇料金詳細・・・大人@200円・子供@100円(小学生以下)

◇問合せ先・・・0770-22-8020(キッズパークつるが)

◇アクセス・・・北陸本線小浜線JR敦賀駅から車で約10分

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4歳未満のお子様や障がい者手帳をお持ちの方及びその付き添い者1名は無料

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

福井県は敦賀市の神楽町にある「キッズパークつるが」は

美浜温泉「海のホテルひろせ(ひろせ旅館)」よりお車で約30分の場所でございます。

 

kizzupa-ku2

(写真はGoogle画像検索より)

 

PS~

 

2017年3月26日にオープンされた「キッズパークつるが」では、5層構造のスーパーコクーンが最も人気で、子供達は元気にネットの中をよじ登ったり、曲がりくねった滑り台を勢いよく滑ったり出来マス。

 

そして、取っ手を使ってよじ登る「クライミングウォール」や「シューティングプール」では、壁に据え付けられた持ち手をつかんで懸命な表情を見せ上を目指したり、壁のバスケットゴール目がけてボールを投げをしたり寝転がったりして、元気いっぱいデス。

 

更に、高さ約5mの「ぐるぐるスライダー」と呼ばれる滑り台においては、一気に下まで降りると歓声が上がる程、盛り上がっておりましたので、お時間がございましたら、ご家族で是非、敦賀の商店街からも近い「キッズパークつるが」に訪れてみてくださいネ。

 

kizzupa-ku3

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る