知られざる福井の名所◆越前大野城◆天空の城の雲海

アイキャッチ

 

 

 

 

1年間に10度程しか

 

見られない

 

越前大野城の雲海は

 

天空の城と

 

呼ばれる絶景です

 

 

 

 

日本のマチュピチュとして

有名になった

兵庫県の竹田城跡の他にも

天空の城の名に相応しい

素敵なスポットが

福井県にはございます。

 

 

それは雲海に浮かぶ姿が

とても美しい

越前大野のお城です。

 

 

越前大野城がそびえるのは

標高249mの

亀山の山頂になります。

 

 

その幻想的な佇まいに

県外からも

沢山の方が訪れますよ。

 

 

 

★天空の城「越前大野城」

動画(2:14)

 

 

 

この雲海に浮かぶ

大野城の美しい姿は

幾つかの条件が

重ならなければ

見るコトができません。

 

 

盆地にある大野市では

前日に雨が降った

春と秋の早朝に雲海が

発生しやすいとの事です。

 

 

そして発生した霧が

日が高くなるにつれて

上空から薄くなると

市街地よりも

高い場所にある城郭が

先に雲海の上に姿を現し

幻想的な光景を

見せてくれます。

 

 

越前大野城

 

 

 

越前大野城は

天正4年頃(1576)

織田信長より大野郡の

3分の2を与えられた

金森長近により

4年の歳月をかけて

築城されました。

 

 

2層3階建の大天守

2層2階の小天守

二の丸、三の丸があり

外堀内堀を巡らし城を

守っておりました。

 

 

その石垣は

石を立てず横に寝かせ

大きい石を

奥に押し込んで積む

野面積みという工法で

貴重な史跡です。

 

 

特に

龍の彫刻が

斬新。

 

 

現在の大野城は昭和43年に

再建されたモノで

城内には歴代城主の遺品も

展示されておりますよ。

 

 

越前大野城2

 

 

 

越前大野城の内部は

現在は資料館となり

歴代の城主に関する

資料や遺品を

閲覧する事が可能です。

 

 

雪深くなる

冬の時期は

閉鎖されている為

訪れる際には

事前のチェックが

必要です。

 

 

4月~9月は

午前9時~午後17時

10月~11月は

午前9時~午後16時。

 

 

平成26年度

10月から11月末まで

朝6時からの

開館となります。

 

 

入口

 

 

 

越前大野城の雲海を

鑑賞するには

少々ハイキングをする

必要がございます。

 

 

コースは主に2つ。

 

 

歩いておよそ30分の

みくら清水コースと

20分の

ほたるの里コースです。

 

 

いずれも急斜面や

整備の行き届いていない

山道を通る事となる為

足に自信のある方の

登山を推奨しております。

 

 

それからまれに

熊が出没する為

熊ベルなどの準備が

必要となります。

 

 

出没が確認された日は

入山禁止になるので

ご了承くださいませ。

 

 

一生に1度は

この目で見てみたい

天空の城

そんな越前大野城と

朝靄に包まれた

その城下町は

まるで

絵巻の世界の様な

神秘的な一幕と

比喩されておりますよ。

 

 

ハイキング

 

 

 

[越前大野城]

 

 

◆所在地

福井県越前

大野市城町3―109

 

 

◆営業期間

~~~~~~~~~~

開館時間

10月1日~11月30日

AM9時~PM16時

~~~~~~~~~~

休館

12月1日~3月31日

~~~~~~~~~~

開館時間

4月1日~9月30日

AM9時~PM17時

~~~~~~~~~~

 

 

◆料金

――――――――――

大人@200円

――――――――――

団体割引

30名以上@100円

――――――――――

中学生以下は無料

――――――――――

 

 

map

 

 

 

◆お問い合わせ

0779―66―0234

 

 

◆交通アクセス

~~~~~~~~~~

越美北線越前

JR大野駅から

歩いて約20分

~~~~~~~~~~

北陸自動車道

福井ICより

国道158号を

東へ約1時間

(麓に無料の駐車場)

~~~~~~~~~~

 

 

越前大野城は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約2時間の

場所でございます。

 

 

 

”福井県越前大野市城町3―109″

 

 

 

PS~

 

 

北陸は福井県の

大野市内の郵便局と

大野の道の駅にて

雲海に浮かぶ

日本の城シリーズの

切手シートが

好評発売中デス。

 

 

天空の城と呼ばれる

~~~~~~~

越前大野城

備中松山城

竹田城跡

~~~~~~~

3つのセットになりマス。

 

 

日本の人気ある城と一緒に

福井の越前大野城が

1枚の切手になるのは

地元民として嬉しい事です。

 

 

ちなみに金額は

@1230円

となりますよ。

 

 

日本の城(切手シート)

 

 

 

 

 

北陸の天空の城

 

と呼ばれる

 

越前大野城の雲海

 

そんな

 

福井県の絶景を

 

是非一度

 

お楽しみ下さいませ

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけネ

(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 

私にとって

 

天空の城と言えば

 

やっぱり

 

スタジオジブリの

 

ラピュタの世界!

 

 

ラピュタ

 

 

 

なんでも

天空の城ラピュタの

宮崎駿監督は

企画原案や準備稿では

この様に

記していたそうです。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

天空の城ラピュタが

めざすものは

若い観客達が

まず

心をほぐし楽しみ

よろこぶ映画である。

 

笑いと涙

真情あふれる素直な心

現在もっとも

クサイとされるもの

しかし実は

観客達が自分自身

気づいていなくても

もっと望んでいる

心のふれあい

相手への献身友情

自らの信ずるものへ

ひたむきに進んでいく

少年の理想を

てらわずに

しかも今日の観客に

通ずる言葉で

語ることである。

 

天空の城ラピュタは

地球が

かぎりのある世界と

判ってしまって

以来

消滅してしまった宝島。

 

そして宝島とは

富や財貨ではなく

憧れと冒険

そのものであるを

復権させるための

物語なのだ。

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

 

そんな

天空の城ラピュタの

英語版PV動画は

こちら☟

 

 

 

★天空の城ラピュタPV

英語動画(2:27)

 

 

 

もし私に

ラピュタのベストシーンは

ドコ?と

聞いてきたら、そりゃもう

ココ!と

即答します。

 

 

それは

すり抜けながら掻っさらえ!の

シーン。

 

 

こちらは

ラピュタの前半で

最も

盛り上がる場面

との

評判です。

 

 

私自身

何回観ても

「ぬぅ!?」と

唸って

しまいマス。

 

 

拍数がコロコロ変わったり

ミニマルミュ­ージックの

手法が見られたりと

とにかく非常に手に汗握る

素晴らしい場面と曲デス。

 

 

 

★ロボット兵復活からの

救出動画(2:35)

 

 

 

 

 

 

ラピュタ制作当時から

アニメーション映画を

取り巻く環境は

変化してきたとの事。

 

 

そんな中

血湧き肉踊る

漫画映画を

制作する事を目指した

天空の城ラピュタは

アニメーションの

原点とは何かという

理想が

こめられております。

 

 

だからこそ

制作から30年経った

今でも変わらぬ

輝きを放ち続ける

不朽の名作と

言われているのかも

知れませんね。

 

 

多少の感動では

「ふ~ん、なるほど、ネ♪」と

びくともしなくなった

ひねた方でも

天空の城ラピュタだけは

「うぐ、こりゃ、まいった!」と

降参しちゃうパワーが

在ると思うんですよね。

 

 

おっと

そんなラピュタについて

タレントさん達が

色んなカタチで

表現されておりますよ☟

 

 

 

★スタジオジブリ

ナイツ動画(4:17)

 

 

 

★ジブリのラピュタ

戸次動画(1:00)

 

 

 

★ラピュタのムスカ大佐

なだぎ動画(2:01)

 

 

 

 

 

 

う~ん、無理やり

ぶち込んじゃった感

満載ですが

どうか

ご容赦くださいませ。

 

 

でも、まだ他にも

ラピュタの関連動画で

個人的に

興味深かったモノが

あるんですよ♪

 

 

ついでと言っちゃあ

なんですが

そんな動画も

シェアさせて頂きました☟

 

 

 

★君をのせてフローラ

歌動画(2:11)

 

 

 

★天空の城ラピュタ

トリビア動画(4:43)

 

 

 

★プロジェクトAムスカ

空耳動画(3:51)

 

 

 

最後まで見て頂き

ありがとうございました。

<m(__)m>

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る