京は遠ても十八里◆若狭・熊川宿◆古の鯖街道 と宿場町の賑わい

アイキャッチ

 

 

熊川宿(くまがわじゅく)は

福井県若狭町にある

若狭と京都を結ぶ

旧鯖街道の宿場になります。

 

 

熊川宿1

 

 

こちらは

若狭町熊川宿伝統的

建造物群保存地区

の名称で

国の重要伝統的

建造物群保存地区

として

選定されております。

 

 

8世紀後半より

大量の鯖が

若狭から京へと

運ばれた事から

こう呼ばれる様に

なったのが

鯖街道でございます。

 

 

鯖街道

 

 

この街道にある熊川宿は

天正1717年に

熊川が

交通と軍事において

重要な場所である事から

秀吉に重用され

若狭の領主となった

浅野長政により

作られた宿場町です。

 

 

近代以降は

鉄道の開通や

モータリゼーションの影響で

旧街道は衰退し

近年の戸数は

ピークである

江戸時代中期の

約半分になっております。

 

 

熊川宿2

 

 

その為

当地域は

再開発される事なく

古い町並みが

残りました。

 

 

地区内には

瓦葺き真壁造

又は塗籠造の

伝統的建築物が

多数残っております。

 

 

また、旧街道に沿って

前川という水量豊かな

水路が流れ

石橋や「かわと」という

水利施設等の

工作物と共に

歴史的景観を

残しております。

 

 

熊川宿3

 

 

現在は

古い建物を生かした

資料館や喫茶店を

散策する事が

出来ます。

 

 

そして、道の駅

若狭熊川宿が開設され

80年間途絶えていた

お祭り「てっせん踊り」を

復活させたり

毎年、秋に

「熊川いっぷく時代村」を

開催したり等

観光地として

発展を続けております。

 

 

熊川宿4

 

 

[若狭鯖街道・熊川宿]

 

◆開催場所

福井県三方上中郡

若狭町熊川

 

◆お問合わせ

0770-62-2711

 

◆交通アクセス

北陸道・敦賀ICより

国道27号線を

お車で、約35km

 

 

若狭熊川宿は

美浜温泉「海のホテルひろせ」より

お車で

約30分の場所でございます。

 

 

map

 

 

 

PS~

 

古い港町小浜と琵琶湖畔の

近江今津をつなぐ地

熊川は、京と若狭・北陸の

文化交流の接点としても

重要な役割を果たしてきました。

 

 

連なる甍と、塗り篭めの壁

白壁 の土蔵、虫篭窓の

古い家並が特徴です。

 

 

歴史の深い熊川には

数々の史跡や、寺社

御用日記の様な

古文書や伝説が

数多く残っておりますよ。

 

 

熊川宿5

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る