知恵もらいと子供厄年の神事◆十三詣◆美浜町宮代の彌美神社にて

アイキャッチ

 

 

 

 

古事記によると

 

若狭之耳別なる一族が

 

現在の福井県は

 

若狭地方の

 

耳川下流に開けていた

 

彌美郷に居住し

 

「彌美(みみ)神社」を

 

祀ったと

 

されております。

 

 

 

 

若狭之耳別一族は

(わかさのみみわけ)

開化天皇の孫に当たる

室毘古王の

(むろびこのみこ)

「末裔」になるそうです。

 

 

若狭国の

三方郡から送られ

奈良の藤原京跡や

平城京跡で

出土した

木簡(もっかん)にも

「耳別」の名が

記されております。

 

 

平安時代の

延喜式神名帳にも

(えんぎしきじんみょうちょう)

記載され

耳川流域には

広く氏子をもつ

彌美神社の祭神は

室毘古王であり

若狭之耳別一族が

この地を開拓した

祖先を祀った「社」と

なっておりますよ。

 

 

1みみ神社

 

 

 

そんな彌美神社は

北陸福井県は

若狭美浜町の

宮代地区に

鎮座しております。

 

 

当地は旧耳村と

呼ばれ

当社は耳明神とも

呼ばれます。

 

 

当社参道の

大鳥居から

境内に入ると

拝殿があり

その左右に

ご神木として

見事な大杉が

ございます。

 

 

みみ神社2

 

 

 

そして毎年5月中旬には

 

こちらの彌美神社で

 

子供の厄年と

 

知恵もらいとして

 

「十三詣」という神事が

 

執り行われておりますよ。

 

 

 

◎十三詣とは?◎

 

~~~~~~~~~~

数え年十三歳は

干支が一回りする

最初の「厄年」で

心身ともに大人へと

変わる時期でもあり

また

昔の元服の時期に

あたります。

~~~~~~~~~~

 

 

十三詣

 

 

 

その時期に

親と共にお参りし

お祓いを受け

心身の健康を

祈願する神事が

十三詣です。

 

 

また、十三詣は

知恵もらいとも

申し上げ

知恵を授かり

学業の向上を

祈願する

神事でもあります。

 

 

今年は

平成十年生まれの

お子様が

対象となります。

 

 

みみ神社3

 

 

 

[彌美神社十三詣]

 

 

◆御祈祷日時

5月16・17日(土・日)

AM10時~PM14時

――――――――――――

5月中は他の日時にも

随時、ご祈祷を

執り行いますので

お気軽にご連絡下さい。

――――――――――――

 

 

◆開催場所

福井県若狭美浜町宮代

(彌美神社)

 

 

◆お問い合わせ

0770-32-0222

(美浜町観光協会)

 

 

◆交通アクセス

北陸本線小浜線の

JR美浜駅から

お車で約5分

 

 

彌美神社は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約10分の

場所でございます。

 

 

 

”福井県三方郡美浜町宮代彌美神社″

 

 

 

PS~

 

 

そもそも厄年とは

日本などで厄災が多く

降り懸かるとされる

年齢との事です。

 

 

なんでも平安時代には

既に存在していて

科学的な根拠が不確かで

起源も曖昧なのですが

現在も根強く

信じられている風習です。

 

 

一般的には

男性と女性の

厄年は異なり

本厄は

男性の場合は

数え年で

25歳、42歳、61歳

女性の場合は

数え年で

19歳、33歳、37歳

とされております。

 

 

 

★ショートコント「厄」

動画(1:26)

 

 

 

では海外の厄年は

どうなって

いるのでしょうか?

 

 

ググってみた所

海外でも多少の違いが

ございますが

日本と似た様な年齢を

厄年としている

みたいです。

 

 

ですが全く

気にしない

国や地域も

あるそうですよ。

 

 

そんな地域では

何かあった際には

厄年だったから

仕方ないという

考え方らしいです。

 

 

webwmap

 

 

 

そして海外では

厄や悪魔を払う

信仰があると

自殺する確率が

少ないそうです。

 

 

何か悪い事が有ったのは

悪魔の仕業とする考え方は

責任を人間が

しょい込む必要がなく

悪しきモノのせいにして

それを取り払う事で

浄化できるからとの事です。

 

 

日本の様な村社会では

個人の責任では

村八分にされてしまう事も

悪しきモノのせいなら

それを祓ってさえしまえば

個人責任にならず

解決すると言う

実はものすごく合理的な

システムみたいですね。

 

 

 

★カンボジア伝統厄払い

動画(0:27)

 

 

 

厄払いは

迷信と言われれば

それ迄ですが

仏滅の日に

結婚するのを

避けるのと同じ様に

厄払いも

やらないよりは

やったほうが

良い気がします。

 

 

一般的には

神社やお寺の行って

お祓いを

してもらいますが

大勢の人を家に招いて

ご馳走をしたりとか

節分の日の夜に

豆の包みを

四つ辻に落したりとか

厄年の時に

生まれた子供を

形式的に捨てたり等

地域によって

様々な方法が

ございます。

 

 

なんでも

どこかの地域では

厄年の人間が

見知らぬ誰かに

後ろから声を掛け

その誰かを

振り向かせる事が

出来たなら

厄が移って

祓えるという

ちょっと

怖いモノも

あるそうですよ。

 

 

あくまで噂レベル

なのですが

初めての場所で

知らない人に

後ろから声を

掛けられたら

ほんの少し

気を付けましょうネ。

(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

・・・(´・ω・`)

おまけデス!

 

 

 

 

 

 

★腹立つ5千円の

厄払い音声

動画(5:57)

 

 

 

★放送室にて

厄払いMP3

動画(9:51)

 

 

 

★クレイジージャーニー

日本に残る異端すぎる風習

動画(31:39)

 

 

 

最後まで見て頂き

ありがとうございました。

<m(__)m>

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る