弘法大師(空海)と伝説の石仏・・・福井県・若狭町★三方石観世音★

アイキャッチ

 

 

弘法大師(空海)と伝説の石仏

★三方石観世音★

福井県・若狭町・三方地区

 

 

三方石観世音1

 

 

三方石観世音の本尊は

片手観音として有名です。

 

弘法大師が一夜にして

刻んだそうです。

 

こちらは、昔から・・・

~~~~~~~~~~~

手足の不自由な人々に

ご利益がある

~~~~~~~~~~~

・・・と、されております。

 

 

untitled

 

 

若狭町・三方地区

観音川の清流に沿った

静かな参道をしばらく歩くと

「三方石観世音」

にたどり着きます。

 

 

三方石観世音3

 

 

この辺りには、山の気配が漂い

~~~~~~~~~~

春は、しだれ桜

夏は、新緑

秋は、紅葉などが

~~~~~~~~~~

美しい事で、知られております。

 

 

三方石観世音4

 

 

御本尊の聖観世音菩薩は

弘法大師が一夜にして

大きな花崗岩に刻まれ

その際、朝を告げる鶏の声に

右手首より先を

刻まずして下山された故に

片手観音とも伝えられております。

 

 

ポスター

 

 

御本尊の聖観世音菩薩は

『秘仏』 でございます。

 

 

本堂内には

信者の寄進された提灯が

所狭しと

吊り下げられております。

 

 

三方石観世音5

 

 

昔から、この観世音様には

手足の不自由な人々の信仰が厚く

御手足堂には

観世音菩薩の功徳に感謝して

御手足型や松葉杖ギブス等が

山のように奉納されております。

 

 

 

病んでいる部分の

 

御手足型を借り受けた後

 

「南無大慈大悲石観世音菩薩」

 

と唱えて

 

病気回復を祈願します。

 

 

 

病が治りましたら

御手足型を事務所へお返し頂き

その時に代金をお支払い頂く様に

なっているそうです。

 

 

三方石観世音6

 

 

<観音霊水>

 

本堂から山手に入ると

 

冷たくて、おいしい

 

山の水が流れ出ております。

 

 

三方石観世音7

 

 

◎ 石観世音菩薩由来記 ◎

 

御本尊は一大花崗岩に刻まれたる

石観世音菩薩にて南面せらる。

 

弘法大師一夜の御作にして

桓武天皇延暦年間の草創なりと言えば

大師入唐以前の作なりべし。

 

大師若狭の地に遍歴せらるゝや

此地の風光明媚なるを愛でられ

此山に宿らるる。

 

或夜霊像御彫刻中

妙法石上鶏鳴聞えたれば

僅に右手首より先を残して

飄然下山せらる。

 

故に片手観音なり。

 

されば手足のさわりは元より

諸病に御霊験灼にして

不可思議なる事実又多し。

 

宣なるかな。

 

各地より参詣者常に踵を絶たず

当山の諸建築什物等一として

信者の寄付ならざるは無し。

 

 

三方石観世音8

 

 

[三方石観世音]

 

所在地

福井県三方上中郡

若狭町三方1-1

 

お問合わせ

0770-45-0017

 

交通アクセス

JR小浜線三方駅から

徒歩5

◆国道27号線

石観音交差点若狭梅街道

三方から約1km

 

 

こちらは当館「海のホテルひろせ」より

お車で、約15分の場所でございます。

 

 

マップ

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る