鉄道マニアの方「必っ見」かも?◆敦賀鉄道資料館◆北陸は福井県の「港と鉄道の街」敦賀!

2アイキャッチ

 

 

北陸福井県は

若狭敦賀市の

JR敦賀駅~相生町通りに

シンボルロード

がございます。

 

 

 

 

こちらには

漫画家・松本零士さんの

銀河鉄道999」や

宇宙戦艦ヤマト」の

モニュメント像

ずらりと

並んでおります。

 

 

敦賀港開港100周年

記念して

松本零士さんの監修の下

設置されました。

 

 

 

 

 

若狭敦賀市は

古くから

大陸への玄関口として

栄え

近代に入ると

日本海側で最初に

鉄道が走る等

港と鉄道の街として

発展してきました。

 

 

 

 

そこで敦賀市では

時代背景を交えながら

敦賀の鉄道に関する

歴史を紹介し

鉄道資料や列車模型等を

展示する事で

鉄道ファンのみならず

多くの人々が集い

交流する拠点として

敦賀鉄道資料館

運営しております。

 

 

 

 

場所は敦賀駅から

徒歩ですと

それなりに

時間が掛かりますが

 途中に

 

銀河鉄道999

 

 

 

宇宙戦艦ヤマト

 

 

 

等、多数の

モニュメント

気比神宮

ございますので

飽きずに

歩く事が出来ると

思いますよ!

 

 

★ちなみに、こちらは

銀河鉄道999

OP曲動画(3:19)☟

 

 

 

敦賀

東京~横浜等と共に

わが国で最初

鉄道建設が計画され

日本海側

一番最初

線路が敷かれた

トコロです。

 

明治45年からは

欧亜国際連絡列車

運転が始まり

新橋(東京)を出て

敦賀までの列車が走り

敦賀の港から連絡船

ウラジオストク

渡りました。

 

そこから

シベリア鉄道

パリ(フランス)行という

路線が

確立されました。

 

昭和32年には

わが国最初

本格的交流電化

が完成し

 更に

昭和37年には

当時日本一

世界第5位の

北陸トンネル

が開通しました。

 

 

正に、敦賀は

鉄道と港と共に歩んできた街

そのモノなのです。

 

 

鉄道鉄道資料館では

時代背景を交えながら

敦賀の鉄道に関する歴史

紹介し

鉄道資料列車模型等を

展示しておりますよ。

 

 

 

 

[敦賀鉄道資料館]

 

◆所在地

福井県若狭敦賀市

港町1―25

 

◆営業時間

AM9時~PM17時

 

◆休館日

毎週月曜日

年末年始

 

◆入館料

無料

 

◆お問合わせ

0770―21―0056

 

 

敦賀鉄道

 

 

◆展示内容

≪1階≫

「実物資料」

~~~~~~~~

線路、信号機

投光機

通票閉そく機他

~~~~~~~~

「鉄道模型」

~~~~~~~~

優等列車

敦賀第一

第二機関区他

~~~~~~~~

「映像」

~~~~~~~~

敦賀鉄道物語DVD

~~~~~~~~

≪2階≫

「パネル」

~~~~~~~~

鉄道開通から

直流化開業迄

敦賀を走った列車

~~~~~~~~

「複製資料」

~~~~~~~~

時刻表

汽車汽船旅行案内

欧亜連絡切符他

~~~~~~~~

 

◆交通アクセス

北陸本線・JR敦賀駅から

お車で約15分

 

 

敦賀鉄道資料館は

美浜温泉

「海のホテルひろせ」より

お車で約30分の

場所でございます。

 

 

鉄道資料館

 

 

 

PS~

 

敦賀鉄道資料館は

欧亜航路があった

戦前の

敦賀港駅」を

再現した施設で

外観は当時の

風情」が

残っておりますよ。

 

 

中の展示物は

北陸本線中心の

鉄道歴史」が

写真等で

紹介されており

小さな

資料館ながらも

展示品の中身は

非常に

濃い」と

思われます。

 

 

日本からヨーロッパの

各都市迄を結ぶ

列車の時刻表等の

資料」なんかは

マニアの方には

必っ見」 かも?デス!

 

 

 

★最後に、こちらは

そして少年は大人になる

動画(10:40)

~~~~~~~

SAYONARA

迄の流れが

堪りません。

~~~~~~~

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る