北陸を巡る旅の歌「奥の細道」◆俳人「松尾芭蕉」所縁の地◆若狭敦賀市「気比神宮・金ヶ崎・色ヶ浜」

アイキャッチ

 

 

北陸を巡る旅の歌

奥の細道

松尾芭蕉

所縁の若狭敦賀市

 

 

松尾芭蕉・絵

 

 

 

俳人気分で

優雅に そして 上品に

楽しめる 街並み。

 

 

北陸福井県の

若狭敦賀市には

そんな「魅力」が

ございますよ。

 

 

かの有名な

俳人 松尾芭蕉の

『奥のほそ道』で

彼が 敦賀の地を

踏んだのは

1689(元禄2)年

8月の事と

言われております。

 

 

 

★奥の細道

序章編

動画(3:01)

 

 

 

松尾芭蕉にとって

月を見ることは

旅の目的の一つ

でしたが

とりわけ敦賀での

仲秋の名月を

楽しみに

していたそうです。

 

 

若狭敦賀は

松尾芭蕉が

奥州や北陸を巡る

旅の中で

訪れた地の

一つとなります。

 

 

1689年8月14日

気比社に参り

(現在の気比神宮)

~~~~~~~~

月清し遊行の

持てる砂の上

~~~~~~~~

と詠みました。

 

 

気比神宮

 

 

 

また翌15日には

 

日本三大松原の一つ

 

気比の松原での月見を

 

楽しみに

 

しておりましたが

 

あいにくの雨となり

 

名月や北国日和定なき

 

と詠んだそうです。

 

 

 

★奥の細道

北陸路編

動画(3:47)

 

 

 

「氣比神宮」

 

「金ヶ崎」

 

「色ヶ浜」等

 

敦賀に点在する

 

芭蕉ゆかりの地は

 

地元民には

 

憩いの場として

 

親しまれて

 

おりますよ。

 

 

松尾芭蕉・銅像

 

 

 

◎―――――

奥の細道

について

―――――◎

 

 

松尾芭蕉が

東北・北陸地方を旅し

詠んだ歌や

道中の出来事を

纏めたのが

「奥の細道」になります。

 

 

そして

旅が終わった場所は

現在の

岐阜県大垣市に

なるそうです。

 

 

しかし実は

「敦賀市で旅を終えた」

との説もあり

どちらが本当なのかは

分かりかねますが

敦賀で笠と杖を置く

「歌枕目的」であるなら

奥の細道は

松尾芭蕉の代表作で

そこには敦賀で

気比神宮等を訪れた後

最後は大垣の記述が

残っております。

 

 

それなのに何故

旅が敦賀で終わった事

になるのか?

になりますが

こちら敦賀市立の

博物館の記録によると

~~~~~~~~

芭蕉の旅の目的を

「歌枕めぐり」と

見るならば敦賀が

最後の地である

~~~~~~~~

という事になっております。

 

 

そして歌枕の

最後に訪れたのが

こちら敦賀市の

「色浜(いろはま)」

~~~~~~

作品中は

種(いろ)の浜

~~~~~~

になるとの事ですよ。

 

 

色が浜

 

 

 

なんでも

福井県は若狭

敦賀市の

氣比神宮大鳥居や

西福寺には

芭蕉の弟子である

河合曽良も

来訪したそうです。

 

 

そして

9月21日(日)には

松尾芭蕉が愛でた

仲秋の名月の

この時期に合わせて

奥の細道

つるが芭蕉紀行

全国俳句大会が

きらめきみなと館にて

開催されます。

 

 

きらめき

 

 

 

★―――――――

つるが芭蕉紀行

全国俳句大会

―――――――★

 

 

◆開催日程

9月21日(日)

AM10時~PM17時

 

◆開催場所

福井県若狭敦賀市

~~~~~~~~

きらめきみなと館

氣比神宮

西福寺

~~~~~~~~~

 

◆諸料金

投句料2句1組

@1000円

~~~~~~~

当日は1組のみ

事前は制限なし

~~~~~~~

講演:無料

 

◆スケジュール

~~~~~~~~~

AM9時~AM10時

吟行会受付

(きらめきみなと館)

~~~~~~~~~

AM10時~PM12時

吟行会:吟行地

(氣比神宮・西福寺)

※吟行地には

バスで移動します。

定員120名

※定員に達し次第

締め切ります。

~~~~~~~~~

PM13時15分

当日投句締切

~~~~~~~~~

PM14時~PM15時

記念講演

(きらめきみなと館)

◎演題◎

旅の想い出

―種の浜

芭蕉の貝拾い

講師:井上泰至氏

~~~~~~~~~

PM15時~PM17時

俳句大会

(きらめきみなと館)

事前投句・当日投句

入賞発表・表彰・選評

~~~~~~~~~

 

◆交通アクセス

北陸本線JR敦賀駅より

お車で約10分

 

 

きらめきみなと館は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約30分の

場所でございます。

 

 

マップ

 

 

 

PS~

 

 

 

★あと、こちらは

松尾芭蕉の都市伝説

動画(3:09)☟

 

 

 

★次に、こちらは

徳川埋蔵金の正体

動画(1:45)☟

 

 

 

★最後に、こちらは

芭蕉は隠れキリシタン

動画(5:37)☟

 

 

 

最後まで見て頂き

ありがとうございました。

<m(__)m>

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る