若狭・敦賀★気比の松原★古くより受け継がれた景観の日本三大松原!

アイキャッチ

 

 

福井県は

若狭・敦賀市の景勝地

「気比の松原」は

三保の松原、虹の松原

と共に

日本三大松原として

知られております。

 

 

気比の松原1

 

 

1934年には国の名勝に

指定されております。

 

 

また、若狭湾国定公園の

一部にもなっております。

 

 

敦賀湾の奥に面する

部分の内

西側半分が

この松原でございます。

 

 

気比の松原2

 

 

 

40万平方mの広さの中に

17000本の各種の松が並び

夏には浜辺が

海水浴場として賑わいます。

 

 

日本における

海岸の松林は

クロマツが多いのですが

気比松原では

アカマツが

約85%を占めております。

 

 

江戸時代以来

気比の松原は

敦賀および北陸の名勝として

知られてきた他

今日では

日本の白砂青松100選にも

指定されておりますよ。

 

 

 

★気比の松原

動画(約2分)

 

 

 

夏になれば

近畿や中京からの

海水浴客で

賑わい

日本海側一と

自称する

「花火大会」が

ございます。

 

 

それに伴い開催される

「とうろう流し」の会場にも

なっているので

多くの人で賑わいます。

 

 

気比の松原3

 

 

 

冬には松林一体が

雪化粧されて美しく

日本海の荒波とも相まった

壮麗な風景となります。

 

 

普段は静かで

ひっそりとした

場所でございます。

 

 

松原の中には

散策路が

廻らされていて

遊歩道も

整備されている為

ウォーキングにも

最適ですよ。

 

 

気比の松原4

 

 

 

[気比の松原の歴史]

 

 

9世紀には

石川県羽咋郡志賀町福浦港の

福良津と共に

渤海使の為の

使節松原客館が置かれました。

 

古来より

氣比神宮の神苑として神人が

近隣住民の利用を

管理しておりました。

 

しかし

1570年の織田信長の

越前攻略により

気比神宮の所領等が没収され

この時に

松原も没収されました。

 

江戸時代には

小浜藩の御用木となり

近隣住民は藩への

納税によって

燃料となる松葉採集を

行ってきました。

 

松原は

こうした管理によって

後世へと

残りました。

 

明治以降は

官有林となり

1899年に

国有林野法制定と共に

国有林となりました。

 

現在、潮害防備保安林および

保健保安林に指定され

林野庁福井森林管理署によって

保護管理がなされております。

 

 

気比の松原5

 

 

 

[気比の松原]

 

 

◆所在地

福井県敦賀市松島町

 

◆営業(通年)

 

◆交通アクセス

北陸自動車道・敦賀ICより

車で、約13分

北陸本線・JR敦賀駅より

コミュニティバス

「松原線」で、約12分

「気比の松原」停留所下車

 

◆駐車場(有り)

7月上旬~8月下旬

のみ有料

 

 

気比の松原は

美浜温泉

海のホテルひろせより

お車で約30分の

場所でございます。

 

 

マップ

 

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る