福井県は若狭・美浜町の夏!久々子地区★弁天祭り★弁天岬と大師堂

アイキャッチ

 

 

北陸福井県は若狭美浜町の夏

久々子地区の弁天祭り

弁天岬と大師堂おだいっさん

 

 

弁天岬と大師堂

 

 

7月12日と13日に

若狭・美浜町

久々子(くぐし)地区の

西端にある

弁天岬で

宗像神社の祭神が

神輿(みこし)に移され

船で

久々子集落の浜に

渡されます。

 

 

『弁天祭り』は

海のホテルひろせの

目の前にある

久々子海岸で

メインの行事が行われるので

当館ロビーからでも

見学が可能ですよ!

(^v^)

 

 

031

 

 

まず、こちらでは

久々子地区の

集落内を練り歩き

仮宮に安置された後

本祭が行われます。

 

 

神輿1

 

 

そして

仮宮から本殿へ

神輿が

船で送られます。

 

 

弁天祭3

 

 

 

◎こちらの祭りの『目玉』は◎

 

 

 

船上で

 

「太鼓」を鳴らしながら

 

海を渡る際に

 

祭神を喜ばせる為

 

若衆が船上で

 

「相撲」を取る事です。

 

 

 

結構壮絶な

『落とし合い』

となります!

ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

私も一応

 

この地区出身者なので

 

以前この祭りに

 

参加した際は

 

ム リ ヤ リ

 

相 撲 さ せ ら れ

 

何 度 も 海 に

 

叩 き 落 と さ れ た

 

という

 

ちと苦い

 

思い出がございます。

 

(;^ω^)

 

 

船上相撲

 

 

[若狭美浜町・弁天祭り]

 

<12日(土)予定>

 

AM8:00頃

佐支神社にて神事後

船で神輿を宗像神社へ

(弁財天お迎え)

 

AM9:30頃

宗像神社にて神事後

船で神輿を久々子浜へ

船での移動の際

青年たちによる船上相撲

(海中落しイベント)

 

11時~15時頃

久々子浜到着後

神輿が

久々子区内を

練り回る

(神事)

 

 

8月号.indd

 

 

そして

この12日(土)の夜は

17時~21時頃迄

『スペシャル・イベント』

も開催されますよ!

(゚Д゚)ノ

 

 

当館から、徒歩で約5分の

久々子生活改善センターにて

「夜店・バザー・射的・踊り」

等が開催されますので

どうぞ、お楽しみに!

 

 

夜店イラスト

 

 

<13日(日)予定>

 

AM10時~PM13時頃

子供神輿が

久々子区内を

練り回る

集落の子供達による

神事になります。

 

 

子供みこし

 

 

AM11時頃

佐支神社にて神事

 

AM12時頃

神輿が

久々子区内を

練り回る

(神事)

 

PM14時頃

久々子浜から船にて

神輿を宗像神社へ

(弁財天お帰り)

船での移動の際

青年たちによる

船上相撲

(海中落しイベント)

 

PM15時頃

宗像神社にて神事

 

 

弁天祭2

 

 

[弁天祭りについて]

 

『弁天さん』 と

久々子集落の地元民に

親しまれているのが

宗像神社

夏祭りの

「弁天祭」です。

 

 

鮮やかな

のぼりを立てた船に

本殿へ

お返しする為の

御神輿を乗せて

海上渡御が

行われます。

 

 

弁天祭

 

 

この時に

弁天さんを喜ばせ様と

荒っぽく

海へ落としあいをします。

 

 

力負けをした方が

水しぶきを上げて

海へ落ちると

見物客から

大きな拍手と歓声が

上がりますよ。

 

夏の海に

ふさわしい

「勇壮な祭」

でございます。

 

 

船出

 

 

◆弁天岬と大師堂の伝説◆

 

・・・ 太古の昔

 

久々子海岸の西端に

位置している

弁天岬の 端の 蛇洞に

一頭の 「 女蛇 」 が

棲んでいました。

 

 

おだいっさん岩場

 

 

一方

対岸の 和田岬の

蛇洞には

「 男蛇 」 が

棲んでおり

互いに

行き来していました。

 

 

その龍蛇が

出て来て

遊びまわるために

度々

海が荒れ

村人たちは

困り果てていました。

 

 

龍蛇

 

 

延暦の頃

『 弘法大師(空海) 』 が

若狭を

順錫されていた時

たまたま

久々子の地に

錫を

止められました。

 

 

弘法大師

 

 

その時

村人等の話しを聞き

一人で岬へ行き

現在の大師堂内にある

巌窟に

「 立てこもり行 」

を成された後

蛇洞の巌頭まで行き

女蛇に

「 仏戒 」 を

授けられました。

 

 

すると

龍蛇は

たちまち

苦患を脱して

昇天しました。

 

 

昇天

 

 

そこで これを

「 弁財天 」 として

祠に

おまつりされた・・・。

と言われております。

 

 

 

現在

境内・東の

「宗像神社」が

それです。

 

 

 

それ以後

「海上安泰・庶民福寿」

の守護として

村人たちに

大切に

まつられました。

 

 

 

また

「大師禅定の洞窟」

には

後年、大師の徳を

慕う人々により

『大師堂(おだいっさん)』

が建てられ

今日まで広く信仰を

集めておりますよ。

 

 

大師堂

 

 

それから

毎年7月上旬には

三日間

村をあげて盛大に

「弁天祭」が

行われております。

 

 

御神体を

「お神輿」で

村の若衆が担ぎ

船にのって

海を渡り

村のお仮屋に

安置され

二夜

おまつり

されます。

 

 

三日目は

お神輿で

村中を練り歩き

再び船で

海を渡り戻され

祭りが

終了します。

 

 

 

~~~ 御 詠 歌 ~~~

 

『空海の法(のり)の

験(しるし)は

荒磯(あらいそ)の

龍女(りゅうにょ)も

なぎて仏となりぬ』

 

 

027

 

 

[久々子弁天祭り]

 

◆会場

佐支神社

宗像神社

おだいっさん

 

◆住所

福井県美浜町久々子地区

 

◆お問合わせ

0770-32-6705

(美浜町商工観光課)

 

◆交通アクセス

北陸本線・JR美浜駅から

お車で、約5分

北陸自動車道・敦賀ICから

お車で、約20分

 

 

各会場は

当館「海のホテルひろせ」より

徒歩で

約5分の場所でございます

 

 

マップ

 

 

 

PS~

 

弁天祭りの見学

 

大師堂の拝観は

 

『無料』

 

になっております。

 

 

 

ただ会場には

 

駐車場がございませんので

 

ご利用のお客様は

 

当館フロントまで

 

お声掛け下さいませ。

 

(^o^)丿

 

 

028

 

 

(写真はGoogle画像検索より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日帰り編

名産記事

フェイスブック

ツイッター

グーグルプラス

インスタグラム

美浜町観光協会

若狭の旅

敦賀

ええやん若狭

ページ上部へ戻る